2017年03月20日

たたかいの現局面

体調を整えつつ、精神障がい者としての活動は行っています。
つい先日行った講演のレジュメだけ紹介します。資料15枚は割愛させてください。


2017年3月16日
 障害基礎年金申請の現状 (中間報告にかえて)

双極性感情障害 ICD10コード 障害基礎年金2級 井上淳一
〇一連の流れ
 ・都道府県で年金申請の格差があることがわかる
 ・約2年放置されていたことをマスコミがバッシング
 ・専門家検討委員会が8回の議論。「等級判定ガイドライン」を作成
 ・昨年9月〜ガイドラインの運用開始
  →医師に対して、「障害年金の診断書 記載要綱」を送付
 ・4月末をめどに、日本年金機構の事務センターを東京に集中
 ・?
 ・3年後のガイドラインの見直し

〇用語の確認
 ・日本年金機構は、厚生労働省の指導管轄下にある
 ・認定医とは、日本年金機構が全国の医師と個別に年金申請の許認可の判定を
  行ってもらうために、委託契約を結んだ医師のこと。高知は4人。全国203人→240人

〇診断項目の再確認と新しい認定事務の流れ
 ・診断書、ガイドライン、医師向け指示、認定事務の流れ
 ※診断書が日本年金機構の中央事務センターに集まるように。しかし認定はそのまま過去の認定医に。
  具体的には、各都道府県で行っていた、認定作業を一回は中央に集める。しかし、認定実務は各都道府県に  戻すという、余計に手間のかかるものに

〇現段階をどう見るべきか
 ・事務手続きの中央集権化はすすんだ
 ・しかし、急激な認定の変化が起こらないように、配慮を払っている
  →厚労省から年金機構にその旨の通達が出されている
 ・土佐病院に聞くと変化は感じられないと。(サンプルすくない) →高知県も変わりないと答える
 ・全国のこの問題を注視する人々からの発言もない
 ※個人的意見。ゆっくりと「格差是正」の口実で。申請を通りにくくしていくのではないか
 ・継続申請は、「ガイドライン実施時に障害基礎年金や障害厚生年金等を受給している方で、 ガイドライン  実施前後で障害の状態が変わらない場合は、当分の間、等級非該当への変更は行わないこととします。」の  範囲内であると推測される。
 
〇これから
 ・これだけの時間と予算。年金機構の単身赴任を伴う人事異動があるにもかかわらず、「都道府県格差の是   正」は進んでいない。必ず、大きく舵を切り「是正の名による足切り」が始まる。
 ・誰でもなりうるという宣伝と、3障害は同じという政府の立場で反撃を。
 ・最低補償年金制度の創設のうごき なども考慮し、必要な制度設計などの探求
 ・憲法25条で保障された、生存権をうばう動きに注視し、今から声をあげること

正直難しさを感じる。「うつは心の風邪ひき」と宣伝された経緯がある。カゼで人は自殺するのだろうか。まさか、自分が「風邪」になると思うのだろうか。
最大の敵は、偏見である。こいつが、ホントに悩ましい。
posted by 井上 at 18:11| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

なんと、文章を書くトレーニングをすることに!

ご無沙汰しております。1日4時間労働が目安ですので、なかなかブログ更新の時間がとれません。
ぼちぼちと、素晴らしい仲間に支えられて、日々を過ごしています。

最近、高知城ホールに出入りするおじ様と親しくなりつつあります。
日本最大の発行部数を誇る、某新聞社の現役記者さんです。
なにやら、中国地方の大学で週1のコマの講義を持たれ、論文の指導・添削を行っているとか。

思い切って、「私にも個人レッスンしてくださいっ」と頼んでみると、即決のOKが出ました。
バカだと思われないための文章術: 誰も教えてくれなかった基本中の基本 -
バカだと思われないための文章術: 誰も教えてくれなかった基本中の基本 -

「30数冊読んだけど、とりあえずこれが良かったよ」と。

そのうちに、赤ペンでビシバシでしょうなあ。
ありがたいことです。
posted by 井上 at 22:49| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

明日のあなたの元気のために 〜 学習会に中田進さん

一昨日は、高知市職員労働組合保育分会の、若手組合員対象の学習会でした。
18:30開会ということで、すべ込みでやってくる人、延長保育の人は遅刻して参加するなど、50人あまりの若い女性がほとんどといいう学習会でした。

(写真撮り忘れました)

・そもそも、働くとはどういう意味を持っているのか?
・働くことと、社会の仕組み
・労働組合の役割とは
などなど、初めて聞く方も多くいたのではないでしょうか。
久しぶりの、中田先生の熱演に私も気持ちは、青年に戻っていました。

中田さんを囲んで、組合の役員さんと私と労働学校運営委員のN村君で記念写真です。

DSC_0125.JPG


「現代を生きる基礎理論」(学習の友社発行)の学習会をしよう! との私の呼びかけに、「どうせなら、たくさんの人に呼びかけてやりたい」(分会長) 「私がレジュメのチェックするき」(書記長) と、期待と不安が広がった結末でした。
posted by 井上 at 14:33| Comment(0) | 青年・学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年もありがとうございました

前回ブログからは、ちょこちょこ更新の予定でしたが、12月2回目のカゼでダウンっ。
年内に集金にお伺いする予定のところにも行けず、ご迷惑をおかけいたしました。

何といいますか、もう少し動物としての生活習慣、動く・食べる・寝るという基本を心がけていきたいところです。

さて、来年の抱負ですが、くじけないように公表いたします!
@哲学のメモ 科学的社会主義を学んだ活動家なら誰が見てもわかるレベルを書く
 ホントは経済学の方が得意なのですが、私がやらねばとのやる気があるので頑張ることにしました。
 ・脳の働きと心の関係をめぐること
  心は脳にあると、言い切ってしまえば、心脳一元論の典型的パターンで、古い唯物論に属すると考えています。当然中心にあるのが脳なのは説明の必要がないことですが、腸が第二の脳、皮膚が第三の脳ということが、科学の進歩によって明らかになりつつあります。
人間は、五感を通じて、外界、真理を認識していくわけですが、脳だけではなく、腸や皮膚もそのための能動的な役割をネットワーク的にはたしながら、行われていることが分かってきています。
このことを、少し深めていきたいと思います。

 ・認識論をめぐって
  人の行動を変えることによって、個人の認識を変えていくことが広く行われています。教育や医療の分野にて。(外界を間違えて認識してしまい、本人が困る場合に、修正が行われています)
今までの認識論は、このことに対して、何らの説明もなかったような気がします。
少し説明を書きたいのですが、長くなりそうなので後日に譲ります。

 ・近年心理学への関心が高まっています。ここを科学的社会主義の入り口にできないだろうか?
  考えてみますが、フローズして、削除するかもしれません(汗

A沖縄学習&体験ツアー(仮称)の成功。来年の11月24日〜25日に労働者教育協会主催の学習教育運動セミナーがあります。で。23日に有給休暇を取得すれば、3泊4日の企画になります。実行委員会とかつくるなどして、たくさんの活動家とともに、参加したいと思っています。
現地には、盟友O田君がいるので、全面協力をお願いします。
問題は、直行便がないこと! 飛行機をチャーターすればいくらになるのだろうか(笑)

B水泳を再開すること。
こんな体になったら、人前で裸になるだけで恥ずかしい。その思いを胸に秘めつつ、浮力だけは上がっているのでより泳ぎやすく? なっていると思います。せっかく無料のパス(障がい者手帳)があるのだから、事務所から歩いて市民プールに行き、泳いで、また歩いて帰ってくる。これを週に2日やりたいと思います。
一応、クロールが得意です。


現在、事務局長のS崎氏は候補者活動に。 事務局長代理のA達さんは、山ガールなので、国内でクライミング中。
こんな私たちですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 17:51| Comment(0) | 事務局長の駄話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ぼちぼちやってます

振り返れば、9月以降更新できていせんでした。

いいわけみたいですが、あれこれと、近況含めて書いてみます。
@今期の労働学校の準備と7週連続開催。そして、反省とこれからの展望というサイクル。
私の体調からすれば、(夜がダメですね)ギリギリでの開催でした。当然各コマを担当してくださる講師のみなさんとの打ち合わせも入ってきますし‥
もちろん、反省点も多々ありますが、質量ともたいへん充実したものとなりました。
この辺りは、専従冥利につきます。講師の皆さま大変ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
率直に言って、30代のこれだけの講師陣をお願いできる県は、ほとんどないか、学習協としてのつながりが作れていないのではないかと思います。少しだけ自慢させてください(笑)
一部、ラスト部分が切れているものもありますが、DVDで個人で見ていただく分に関しては、お分けしたいと思います。価格は相談。送料込み1000円程度を考えています。右上のメール送信から問い合わせてください。多少のお時間を頂きます。

A精神障がい者の立場としての障がい者活動の始まり。
とにかく弱い、精神障がい者の運動‥ 月1の精神障がい者家族会のあつまりを軸に。やってますよ。
関西で開かれる、進んだところの学習会への参加。
(一定の障害を持たれている人に支給される、障害基礎年金、厚生年金等。精神だけ改悪が進められようとしています。話せば長いので、別項目にて)一言でいえば、中央集権化と受給抑制!!
家族会の古いメンバーは、肌で感じられています。「国が制度を変えるといって、悪くなることはあっても、良くなったためしがない」と。
私が知ってることのお話しと、悩みをみんなで共有しています。
そして、新しい出会い、同じような立場でいながら、私よりも深い理解をされているM君。
友人、K君が障害年金の行政訴訟に立ち上がろうとしています。できる範囲でサポートしていきたいです。

B趣味の音楽をいい音で聞く集まり。
東京で2件のお宅をお伺いさせていただきました。
デザイナーのMさん家を紹介します。おうちからしてアートしています。壁に一切の平行面がないのですから。
(コンサートホールにも、平行の壁なんてないでしょ)
「もっと自由にやるべきではないか」との主張に感激し、学ばせていただきました。
そして、初SP体験。LPが発売されたとき、手放された方もおおかったとか。
私も同じく、CDが出てLPを手放しました。(まあ高校生だったので、50枚たらずですが‥)
これが、いかにもったいないお話か‥
SP盤は、過去聞いたことなく、素晴らしくナチュラルでした。そのまま録音してあるからでしょ。
現在のデジタル録音なら、どんな加工もできます。SPは限られた情報量の中に、いかに録音するのか。
前向きの方向で、演奏者と録音エンジニアが手を携えています。そして、一発で録音。
この姿勢と出来栄えにこそ、我々は感動するのです。

てなことで、まだまだ?今年は続きますので、よろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 18:55| Comment(0) | 事務局長の駄話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

今月の読みどころ!

学習の友部では、毎号の「読みどころ」を手書きで書いています。
簡単なように見えて、結構てまひまかかるようです。

問題は、効果のほど。
うーん。確かめようがない‥
少しでも、積読とはならないように願いを込めています。

島崎.jpg

こんな感じです。
もうちょっとキレイにシールを張らないとね(汗
posted by 井上 at 12:52| Comment(0) | 学習の友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

平和のために、今の私に出来ること @

平和がいいと思っても、いざ 何かをやるとなると、なかなか大変です。
私がたずさわっているものをいくつか、ご紹介できればと思います。



ジムネットのスタッフの大嶋愛さんです。
日本イラク医療支援ネットワークという団体です。
http://jim-net.org/

ここのスタッフ、大嶋さんに高知に来ていただいて、ピアノの弾き語りをしていただきました。
ユーチューブは、音が悪いですが、とっても素敵な歌声です。

IMG_0001.jpg

今回いただいた、大嶋さんかにらのハガキです。
お互いに、制約の中出来ることをしていかなければと、心を新たにしています。

皆さんにおススメなのが、ここのチョコ募金っ。
チョコをプレゼント用(もちろん自分用にもよし)に買った代金が、イラクの子どもたちの
治療費に使われるという企画です。
これなら、気軽に取り組めますよ。
まだ、夏なので少し早いですが、とりあえずの宣伝告知とさせていただきます。
posted by 井上 at 15:34| Comment(0) | 平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

生存権の侵害か、自殺念慮にとどめをさす一撃か!

昨日、高知市精神障害者家族会連合会にて、お話しさせていただきました。
この9月から実施される、障害年金の運用の見直しについてです。

かいつまんでいいますと、現在のシステムでは、都道府県によって、年金の更新にばらつきがあり、最大で6倍の差(更新できない人の差)が生じているとのこと。確かに、これは見直しが必要です。

しかし、ことのついでに、新しいガイドラインという枠組みを作って、年金受給者を少なくしていこうというカラクリとなっているのです。この問題は、よほどの方でも知りません。
精神科病院の集まりである、精神科七者懇談会の厚生労働省に対する申し入れによれば、厳格にガイドラインが運用された場合、23000人が無年金者となり。142000人(全体の約3割)が、どっちともとれるグレーゾーンとなることを、警告しています。

さらに、身体障害にはない「1年の就労があれば、年金を止めても構わない」との趣旨の問題も新たに持ち込まれています。ようやく、就労を始めても極めて低額の賃金が予想されます。
問題だらけの「見直し」です。

昨日は、かなり強い反対意見や、もっと知りたいとの声が上がりました。

とにかく、知られていない!!

私の担当のケースワーカーでさえ「へえー、9月からでしたか。勉強になりました」という有様です。トホホ‥

この問題、ほおっておくわけにはいかないようです。
TS3W0262.jpg
posted by 井上 at 15:57| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

こつこつと

とある職場を訪ねると、組合掲示板に、なんと手作りの「学習の友の宣伝ポスター」がありました。
昨年は、学習の友お試しキャンペーンにとりんでいただき、にぎやかに読み合わせもしたと聞いています。
「学習の友」の知名度は確実にアップしています。
もう少しで、購読してくれる人が増えそうなんだがなぁ。
あせらず、こつこつといきましょう。

TS3W0261.jpg
posted by 井上 at 12:43| Comment(0) | 学習の友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

労働学校 拡大案内版@

ちっちゃくて、見えないじゃないか!
の声にお応えして、何回かに分けてご紹介いたします。

「安心して生活するにはどうすればよいか」
〜社会のしくみ 私たちの権利〜


第1回 10月17日(月)
「私たちの働き方って?」

・正規労働に非正規労働。
 人間らしく働ける運動を考える
講師 労働問題研究家 労働者教育協会 理事  筒井 晴彦さん

 トップバッターには、東京の労働者教育協会理事の筒井さんをお招きします。
日本では、非正規雇用の広がりのもと、長年「時給1000円を」の取り組みが続けられてきました。
昨年あたりから、当時のナショナルセンターの要求を上回る運動やデモが一気に広がってきます。「誰でも、時給1500円を」のスローガンです。ある意味、運動が先行し、ナショナルセンターがついづいするという力づよいものです。
こうした、状況もふまえて大局的に何をなすべきかをともに考えていければと思っています。


第2回 10月24日(月)
「資本主義社会の仕組み」

・搾取について、歴史の流れの中での資本主義の位置づけ
講師 高知大学准教授  学習協副会長  霜田 博史さん

資本主義の搾取のカラクリをわかりやすく説明していただきます
分かっているようでも、意外と説明できなかったりするものです。もちろん、初めての人でも霜田さんのお話なら大丈夫っ。講義のあとのグループ討論でも議論しますので、ばっちり理解できます
※なお、今年の雑誌経済5月号 マルクス特集号に霜田さん論文が掲載されています
P49 「入門」剰余価値の理論を学ぶ です


第3回 10月31日(月)
「パナマ文書で見えてきたお金の流れ」
 ・公平な税制への道筋
講師 高知大学教授  岩佐 和幸さん

労働学校初登場の岩佐さんです。専門はグローバリゼーション。京都大学の岡田知弘さんのお弟子さんになるのではないかと思います(違ってたらすいません)
グローバリゼーションのもと、タックスヘイブンが利用されて、パナマ文書が出てきたという流れになるのではないかと思います。
小4のわが娘も「日本お金ないがよね」と。
やっぱ、お金ないイデオロギーは浸透しているようです。ある所にはあるんですよ、お金は‥

41jHCxu6d8L._SX353_BO1,204,203,200_.jpg
岩佐先生の著書です
posted by 井上 at 10:41| Comment(0) | 労働学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする