2010年05月21日

新しい友人の働き方

いきつけの、インドネシア(正確にはバリ料理店だな)料理店にはよく通う。どこからが常連なのかよくわかりませんが、月曜〜金曜の5日間のうちで、1〜3日ぐらいランチを食べに行きます。

実は、スタッフだった友人ワヤンの帰国の時に、常連さんがあつまりました。
その中に、Mゆきさんも入っていました。
彼女は常連なので、前から私のことを何回も目撃していたとのことですが、私はまったく気がついていませんでした。

どうやら、店に来る目的が違っているので気がつかなかったようです。私は、ミーゴレン(インドネシア風焼きそば)の火の通し方のアドバイスをうけながら、作り方に釘付けだったりするからです。
ちなみに、サンバル(辛いソース)さえあれば、もう作れるぐらいの腕前になっています。サンバルはこんど作り方を直接私の自宅にて教えていただけます。

前置きが長くなりましたが、Mゆきさんとは昨日久しぶりの再会です。
ずうっと疑問に思っていた働き方について聞いてみました。
彼女は、救急車に乗るのが仕事です。
勤務時間は24時間勤務のあと2日休みというサイクルの繰り返しだそうです。で、それで子育てはどうなるのだろうというのが疑問でした。
2人年上の先輩がいるそうですが、1人は結婚されてなく、もう1人は3人出産されてずうっと産休育休の連続でまだ仕事に復帰されていないそうです。

聞いてみても、この勤務では、かなり子育ては難しいだろうなと。
日勤に変えてもらうこともできるらしいですが、みんながみんなそうできるわけではないようです。夜の法律による人員体制が決まっていて、2人ぐらいしか休みがとれないギリギリの人数で運営がなされているようです。

やっぱり、人員増が急務なのは話しを聞いていてもよくわかりました。

消防は組合に入れないので、市の職員といっても付き合いがなかっただけに、ふむふむと考えさせられる働き方でした。
しかし、この働き方ってどうなんでしょ。
まったく気にせず、バリバリと働くMゆきさんでした。
posted by 井上 at 10:11| Comment(2) | ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消防は最近全署3交代制になってずいぶん楽になったと思いますよ。
けど、確かに女性の職場としては大変ですね。

だけど、女性が多い看護士さんのシフトのことを考えるとぜんぜん子育てはしやすいんでないかと思いますが、どうなんでしょう?
父親としては家にいることが多いので、育児参加はしてくれてますよ。
日勤は逆に忙しくて大変だとも聞きます。
休日出勤しても代休が取れないとか…
それなのに組合に入れないって大変ですよね。
一応、協議会と言う組織が交渉できるらしいですけどね。
けど、去年のインフルエンザ問題の時も結局年休で処理されたし、困りました。
Posted by みほ at 2010年05月25日 22:03
確かに看護士さんの職場も大変ですね。
この不況の中で、どこでも求人募集している状況ですもんね。

どちらも、人の命にたずさわる仕事なので、もっと働きやすい職場にしないといけないですよね。
Posted by 井上です at 2010年05月26日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: