2010年06月23日

普天間基地。狙っていたのか 偶然か  貴重な映像がまた増えたようです。

平和資料館草の家のメンバーが、現在沖縄入りしています。
私も(いちおう理事です)行きたかったのですが、複式簿記と格闘しており、相当な苦戦を強いられていますバッド(下向き矢印)
検定試験があるぐらいですから、そう簡単に行くわけないわなあ。

今回は、理事のO村さんを中心とするメンバーです。
このO村さん、ライフワークで毎年沖縄を訪れて、戦争被害の調査をおこなっています。

昨年のピースエッグ高知でも、写真や分科会で活躍して頂きました。

今回の沖縄行きは、集団自決の証言をビデオ撮影するためです。
一緒に付いて行っているのは、わが友人のO田君です。
元、テレビ番組制作会社勤務のプロなので、その腕を買われて旅費は無料の代わりに、撮影編集をするということらしいです。

昨日の昼過ぎに私にメールが届きました。「今、普天間近くの小学校ながやけど、中には入れないみたい」と。
すかさず、電話をかけ直すと、ちょうど米軍機が飛ぶところで、すごい轟音が携帯電話からも聞こえてきます。

「学習の友の配達でも学校に入れるので、校内に入る理由を説明して入れるように交渉してみたら」とアドバイスしました。

なんと、そのまま入れたとメールが届きました。
貴重な小学校の墜落避難訓練の模様が、撮影できたようです。

私も、沖縄の南部戦跡は行ったことがありますが、普天間基地はありません。いかに現状がひどいのかを本土の人もリアルに知っていくことは、すごく大切だと思います。
編集された、DVDを大量に普及することが大切ですねexclamation
私も、早く見てみたい。

こんなんが飛んでるみたいです。
http://www.raf.mod.uk/rafspadeadam/gallery/aircraftandequipment.cfm?viewmedia=17
posted by 井上 at 12:59| Comment(0) | 平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: