2010年07月01日

東京に転勤しまして...

異動で4月から東京の職場で働くことになった高知県学習協の元事務局次長です。
井上事務局長からブログの記事を頼まれたので、書くことにしましたが、
こういうモノは苦手です。(「学習協こうち」のニュースは書いてましたが…)

職場は東京の官公庁が集合しているところにあります。
しかし、職場が用意した宿舎は千葉県にあります。
(今の職場では、いたって普通。茨城から通う人もいます)

毎朝1時間半ぐらい電車に乗って通います。
座席に座れることはほとんどありません。
都心に近付くにつれ、乗車する人が増え人を押し込む専用の職員が
大声で「車両中心にお詰めください。」と呼びかけます。
いい歳になって「おしくらまんじゅう」をする羽目になるとは(トホホ)

外国人にも異様な光景でしょう。
(外国人も乗っていますが、郷に入れば郷に従えか?)
事務局長も「日本てホントに変な国ですね。」とブログにツイッてましたが、
ホントに「なんとかならんかい!」と思ってしまいます。
今「消費税増税仕方がない」と思っている人が結構多いですが、
日本人って「仕方がない」と思いすぎでは?

写真は、車両の中からケータイで「東京スカイツリー」を
狙って撮ったのですが、画素数が低すぎて分からないと思います。
肉眼ではハッキリ見えるのですが。

[写真]荒川の上を走る「東京メトロ東西線」から撮影
荒川の鉄橋から.JPG
posted by 井上 at 13:10| Comment(0) | ゆかいな仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: