2010年10月29日

道のりは険しい

昨日は、資本論の講師団会議でした。
新しく出版されたこの本も話題になりました。


一週間 de 資本論

一週間 de 資本論

  • 作者: 的場 昭弘
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/10/22
  • メディア: 単行本




私はまったく気がつかなかったのですが、テレビ番組の方の説明には「間違いがある」と霜田さんの先輩から、連絡があったとか。
いやー、奥が深いですなグッド(上向き矢印)

で、私のたたき台ですが、わずか3行だけ合格っ。
あとは、全面的に書き直しですバッド(下向き矢印)

とりわけ、「剰余価値の資本への転化」の部分は理論的にもむつかしく、「18才からの資本論」らしく大胆にポイントだけをお話しすることとなりました。

受講生のみなさん、ご期待くださいぴかぴか(新しい)
まだ、4行目を書いているところですが(笑)
posted by 井上 at 11:18| Comment(0) | 資本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: