2010年11月13日

質問に即答できず‥

学習会の講師は、まだまだ経験不足ですバッド(下向き矢印)

トータルで見たら、かなりの回数をしていると思いますが、地方学習協の専従の割にはまだまだですねたらーっ(汗)

勤労者通信大学の南国労連の学習会もピッチを上げて、経済に入りました。
「商品は価値が同じなので交換出来る」と。私たちが資本家に売っているのは「労働力」なので、「資本家が赤字だろうが関係なく、賃金は『等価』で交換されなければならない」と。

「資本家が大もうけしている時は?」(受講生)

「等価交換が原則。あれれ‥」(井上)

莫大な利益を上げている大企業です。それはすべて労働者が生み出したもの。賃金を引き上げて当然ですよね。とっさの質問に頭が硬直してしまいました(笑

意見交換の時に盛り上がったのはコレ。
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/01/0104/akarui/pdf/1011akapdf/11_04-05.pdf
平均額というのは、実際よりかなり高いとのことです。

なぜわざわざ、公務員バッシングを広げるような広報をだすのか。
これは、高知市の広報なので編集者に聞いてみようと思いました。
続きは後日に。
posted by 井上 at 05:27| Comment(0) | 勤労者通信大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: