2011年03月17日

ただいま、全力で原発対策に奔走中

今朝は、O田君と1時間あまり打ち合わせ。原発の最悪の事態はまだ避けられるということを、全国のみなさんにいかに知ってもらうか。そのために何をなすべきかということで話しあいました。問題は政府です。大丈夫、問題ないと言って、肝心な質問には答えない。または横文字使ってごまかそうとする。このような状態では、最悪な状況になるのはわかりきっています。

具体策を示した例です。
https://twitter.com/ueharams

出来るだけ多くの人に知ってもらって、最善を尽くしてほしいグッド(上向き矢印)
という、メッセージをまわりの人にも知らせていただければ幸いです。

また、英国テレグラフ紙は「48時間以内に(グリニッジ時間)有効な手立てがうてなければ、第2のチェルノブイリに」と警告しています。http://t.co/nWaveyi

現在、心配をしている方は多いけれど、どれだけの危機感を持っているのかでは、かなりの差があるのは否定できない事実です。しかし、真実から出発しなければ問題の解決にならないのではないでしょうか。

あきらめるには、まだ早すぎますexclamation×2

posted by 井上 at 12:42| Comment(0) | ゆかいな仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: