2012年05月31日

資本論2巻学習 A

4月から、S田副会長はドイツへと旅立ちました。
ここで、資本論学習をストップしていたら前に学んだところを忘れてしまいます。

そこで、М本県学習協元事務局長にお願いして、私たちの資本論学習の援助をして頂いています。
なんだかんだと恵まれているなあ。

それはさておき、分からないっ。

第15章回転時間が資本前貸の大きさにおよぼす作用 「資本の過多」の部分の理解です。

不破さんの「資本論全3部を読む」第4冊目P228〜 では、それは「マルクスの錯覚だった」と。
不破さんの理解を支持する人と、それを読んでもなんか違うんじゃないかなという私と。わからないという人と。

他の方たちは、どんな感じで理解しているのでしょうか???
ここが次回学習会までの宿題となっています。

なんだかんだと、2巻も後半部分にさしかかりました。
posted by 井上 at 14:30| Comment(0) | 資本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: