2012年07月18日

リーマンショック(恐慌論)を学ぶ企画を準備中

世界的ベストセラー「資本の〈謎〉」

科学的社会主義の立場から、リーマンショックを分析し、恐慌論研究に歴史的1ページを加えたと言われている本書。
昨年度の世界経済書ベスト5に入っていますので、ご存じの方も多いかと思います。日本語訳は、今年発売です。

この本をベースにした学習講演会を予定しています。(秋以降の予定)
ご期待ください。

資本の〈謎〉――世界金融恐慌と21世紀資本主義 [単行本] / デヴィッド・ハーヴェイ (著); 森田 成也, 大屋 定晴, 中村 好孝, 新井田 智幸 (翻訳); 作品社 (刊)
posted by 井上 at 13:01| Comment(0) | 科学的社会主義の探求? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: