2012年08月24日

マッキントッシュがやってきた

 趣味の話です。興味ない方はスルーをお願いいたします。

マッキントッシュといえば、(パソコンの話しではありません)アメリカを代表する音響機器メーカー。
とくに、1960年代〜70年代にかけては、日本のメーカーは安かろう悪かろうという時代でした。
物づくりの基本において、日本製品はまったく太刀打ちできなかったというお話し。

当時、マッキントッシュといえば高嶺の花だったようです。

時代は変われど、いまだにアメリカに生産拠点を置いて、USAメイドで作っている数すくないメーカーではないでしょうか。

P1040792.JPG
この変わらない、ガラスのブラックパネルにブルーのメーターが特徴です。
ほらほら、ジャズ喫茶でご覧になったことあるんじゃないでしょうか?

買ったのかって。いやいや、私の愛用のアンプが修理のため1ケ月以上入院中です。
その間ジャズを聞くために借りて来たものです。

車で言えば、車検に出したら、代車がBМWだったというところでしょうか。
なんて、ラッキーな体験なんだろう。

P1040793.JPG
一言でいえば、リッチでゴージャスなサウンドですね。
県内で興味ある方、メールください。貸し出し可能だと思われます。
これは、聞いてみる価値はありそうですよ。
posted by 井上 at 12:33| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: