2012年08月30日

必ず訪れる地震のために

新しく発表された、被害想定が話題となっています。県内死者最悪49000人。
昨年1年間いろいろな学習会などに参加させていただいた、
私の個人的感想を書き記しておきたいと思います。

やはり、学習こそが最善の結果をもたらすのではないかと。

小学校・中学校・高校などあらゆる教育段階はもちろん。広く市民講座や放送大学など。
労働学校や講座などでも必要でしよう。
可能な限り、必修科目として正確な知識と情報を学びつづけることが、被害を最小限に食い止めることにつながると思います。

大学の専門家の方のお話しは、必ずしもベストではありません。
なじみ深い「高潮」と「津波」の違いなどを(聞く私たちが)分かったものとして、お話しされる場合も多々あり、素人がうかがっても誤解を招くこともありました。

そのためには、講義内容の精選が必要だと思います。
なにより、講義を出来る講師の育成が急務の課題ではないでしょうか。

P1040395.JPG
私が載らせて頂いた。地震体験車。

P1040396.JPG
震度7 体験してみないとわからないゆれでした。
しかも、体験車では振幅などの制約があり、実際の震度7のゆれを再現したものではないとか。

【関連する記事】
posted by 井上 at 13:05| Comment(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: