2013年08月01日

「ホームレスを理解して欲しい」 みんなで見よう

愛媛大学のT下先生から連絡があり、みんなで見てほしいと宣伝を依頼されました。
「私もでるから、NHK Eテレ 全国放送やで〜」と。

8月5日月曜日 午後8:00〜 2チャンネルです!

あいかわらず、元気な声が響いていました。
生活保護の受給も下げられ、いよいよ反転攻勢が待たれています

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2013-08/05.html
詳しくは、上をクリックしてください。
posted by 井上 at 12:45| Comment(2) | 反貧困 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


ホ―ムレスの人たちを迷惑な存在、何をしでかすかわからない存在と、感じていた高校生が、大学生らの出前授業を聞いて、あぁ、ホ―ムレスの人たちにもそれぞれ悩みや事情があるし、社会の厳しい現実が作用してホ―ムレスになったということもあるんだなぁ、つまり、自分たちと同じ悩みや事情を持った人間なんだから、いきなり迷惑な存在とか何をしでかすかわからない存在とかいう目で見るのはちがうなぁ、となったみたいですね。


ともあれ、一回の授業で、非常によくわかったというのは、なかなか怪しいということもありますが、少なくとも新しいものの見方・考え方に触れたことはこれからの学習を進めていくうえで、絶えず葛藤し、絶えず立ち返る視点観点を得たのではないか?と思いました


自己責任イデオロギーが強まり、受験制度の条件のなかで、なかなか人権学習や社会科学的な視点観点を強調する学習ができないなかで、貴重な機会時間だったのではなかろうか?

地元の愛媛大学というエリート学生に会えたこと、また、大学での学びのごく一部に触れたというのも、受験制度の条件での勉強に疲れた高校生にはうれしかっただろう

Posted by あ at 2013年08月06日 02:40
ホームレスと近隣住人はお互いに怖がりあっています。

今回の取り組みは、小さいことのようですが意義があると思いますね。
Posted by 井上 at 2013年08月06日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: