2013年11月12日

機密保護法のゆくえ 「与党に聞いてよ」 ん? 

感想文を自宅に忘れてきたので、牧野さんのは明日アップします(汗

ところで、機密保護法のゆくえが気になります。
さっそく、国会のS川議員の秘書に私の後輩がいるのでさぐりを入れてみました。
井上「高知の井上です」 S田「あっ。井上さん久しぶり」 井上「‥」 S田「ほらほら、私、S田よ。移動があって、井上さんの後輩のところと同じところで秘書をしてるの」(彼女も高知出身) 井上「なんだ、声のキーが違うと思った」

井上「ところで、機密保護法はどんな感じかな」 S田「そりゃ与党に聞かなきゃ」
井上「んなこと分かってるわい」 S田「今すぐ世論をひろげるしかないよ」 井上「あのねえ。まだまだ、一部の幹部しか知らないよ。運動には組み立てってもんがいるでしょ」 S田「特別委員会で審議されているので、定例日がないので、スピード審議で押し切ろうと思えばいつでも押し切れる状況よ」 井上「なるほど、ありがとう」

高知では、11月2日に市民グループが大きな学習会を開いて、9日には廃案を求める集会が50人規模で開かれています。(一部の民主勢力もはいっているようですが、さび分けが良くわかりません)

遅まきながら、憲法会議(私は事務局員)としても、緊急の役員会議を来週火曜日に開催することにしました。
今までの流れをさらに後ろから大きくしていく方向での意思統一となりそうです。
やる時はやらなきゃね。

追記
本日、19日ですが、緊急集会を12月4日の線で調整すること。地元選出国会議員へのハガキなどの働きかけを強めることなどを決めました。みんなで力を合わせて頑張りましょう!

追記
平和運動センターと平和委員会などの話し合いにより、26日(火)12時20分から、市役所前で「緊急秘密保護法案に反対する県民集会」を開催することになりました。ぜひご参加ください!
posted by 井上 at 16:14| Comment(6) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 国民世論は「慎重審議」が多数ですよ。ま、毎度のことで世論無視の強行採決を与党がするかしないかでしょうね。

 秘密保全法についていえば、刑罰とか身辺調査とか国政調査権とかマスコミの取材報道とかがクローズアップされていますが、より根本的なことは、外交、防衛、警察治安といった分野の情報を秘密にして、政府が国民に知らせないように決定していくという反国民主権のやり方に対して、それでよいのか?という点が問われていると思います。

 外交、安保、警察治安など国民の経済生活に直接関係しないようなイメージで国民の関心が低い分野を政府与党は、狙ってきていますね。

 政治的無関心が増えて、国民が政治に興味を失ってきている情勢に乗じて、外交、安保、警察治安分野は政府与党に「おまかせ民主主義」にしとけ、国民も楽だし、一部のマニア以外は興味ないだろ?何が国民主権だ、

 こういう狙いでしょう。
Posted by あ at 2013年11月12日 20:07
 秘密情報の具体例は限定なしの無限ですね。

 @公安警察が日本にいるイスラム教徒を秘密に監視尾行していたこと(警視庁からインターネットに漏洩した情報)、A自衛隊の情報保全対の調査活動、Bイラク戦争、アフガン戦争関係の情報、C海外での自衛隊の活動情報、Cアメリカ政府と日本政府の核密約、沖縄返還にあたっての情報、D内閣官房機密費 E兵器の調達先など詳細、F武器輸出関連情報、Gオスプレイなど米軍再編関連情報、H公安調査庁、公安警察などの秘密スパイ内偵の違法捜査活動

 おもいつくままにあるだけでも、こういう情報が特定秘密にならないという保障はどこにもありませんね。今でも秘密だとか、アメリカの公文書があっても、日本政府の秘密文書の存在はないなどとシラを切りますし。

 外交、防衛、警察治安分野の情報を政府が秘密にし、国民に開示しないで政府が決定していくという国家は、軍事警察国家への道なんですが、国民の側にも「お任せ民主主義」の意識がありますし、「軍事警察情報は秘密の方がよいのでは?」という議論もありますし。
Posted by あ at 2013年11月12日 21:08
阻止するべく、英知を結集いたします。
けど…悲しいかな、人口の多い、県での世論の盛り上がりが、決め手になるでしょうね(汗
Posted by 井上 at 2013年11月12日 21:23
 人口が多い地方の方が、地方選出の国会議員数が多いですからね。ま、しかし、選挙は秘密保全法だけではないとたかをくくって、アベノミクスを強調してくるでしょう。

 日本共産党を中心とする政権交代へ、と打ち出す必要があるのですが、共産主義思想への反共イデオロギーがハンパないです情勢です。
Posted by あ at 2013年11月12日 21:44
阻止するために、市民グループが先頭にたってくれているのが、心づよいです。
廃案にもっていくため、頑張ります。
Posted by 井上 at 2013年11月13日 15:57
 そうだと思います。日本で最大最強の市民運動グループ=憲法擁護と社会正義の実現を主張しているのは、日本弁護士連合会および各都道府県の弁護士会です。

 余談ですが、日本の裁判所も法曹一元化を実現すれば、違憲法令審査権=憲法の番人として発展するということが日本弁護士連合会の声明や意見書や勧告を見ていてわかりますね。

 法曹一元化は司法界の革命問題ですね。
Posted by あ at 2013年11月13日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: