2013年11月20日

行ってきました。岡山のメンタルクリニック。

バスで寝てたらいいだろうとたかをくくって、岡山まで高速バスで行きました。
確かに、寝てはいましたが、なかなか遠いもんです。

P1060395.JPG
けやきどうり、メンタルクリニック

ここのHさんというお医者さんはめちゃくちゃな人気で、予約が来年の2月まで入らないとのこと。
そんなに待てないよと、「あの手 この手」(不正行為はしていません 笑)で、こちらの事情を伝えると
「すぐ来てください」とのことでした。
*岡山のN久事務局長が、授業を教えている看護学校は、ここの財団が立てたものだそうです。

私の仕事の事情を伝えると、ハッキリと的確なアドバイスが頂けました。
さすが、だての人気ではありません。

問題は、岡山まで通い続けるのかどうかということになります。
「メリットとデメリットを考えると、高知の現在の主治医の方がいいでしょうとのこと」。
確かに、現在の高知のO村先生とはもう10年のお付き合い。まじめでいい先生です。
ただ「職場が特殊過ぎて、一般的アドバイスしかできずにすみません」というだけのことです。
高知の先生の処方の方も、岡山のH先生曰く、まったく素晴らしく、わたしよりも思い切った出し方(1日の限度量めいっぱいまでだして頂いています)でしょうとのこと。

てことで、岡山のH先生はセカンドオピニオンということで、今日久しぶりに、いつもの土佐病院に通院してきました。
高知のO村先生に、「あーだ。こーだ」といきさつを伝えました。

人生2回目のうつ(ここ2年間)で、あとどれぐらい続くのか誰にもわかりませんが、回復の方向性だけ見えたのが今回の収穫でした。私のこころあたりと岡山のH先生の意見がまったく同じだったからです。

まあ、長い人生のんびりといくしかないという事でしょう。
私を支えて頂いている多くのみなさん。これからもよろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 15:27| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: