2016年07月06日

土佐の反骨精神‥「棄権」となりやしないか?

マスコミの世論調査を見ても、高知県では今度の参議院選挙への関心が極端に低くく。
過去最低を大きく下回る感じです。

「合区に反対やき、選挙にはいかん」。との考えの方の人が一定の層であるようです。

私も合区になってみて初めて感じますが、徳島・高知選挙区では、候補者3人とも徳島県からの出馬です。
「なんか選挙の感じせんねぇ〜」「今の現職の人、誰やったっけ?」「県民の代表を選べんやん‥」
様々な声が聞こえてきますが、しっくりいかないのは事実です。トホホ‥

徳島+高知→ 東京+神奈川+静岡 の面積と同じだそうな。しかも、高知と香川は交流が盛んですが、高知と徳島は地図の上ではくっついているものの、経済圏も文化圏も違うので、あくまで人数合わせだけの理由かと。

そもそも、自由民権運動とその後の運動の結果、国民の代表を選ぶのが、国政選挙です。
その意味では、今回の選挙制度である意味、真の国民主権が試されているのだと、感じています。

しかし、比例代表では、何が何だか皆目見当がつかないのも事実っ。

先人たちの努力の結果、勝ち取った参政権。「積極的 棄権票」も、理解できます。
ちょっとだけ待ってください。
ここは、高知県人の知恵の見せ所っ。

棄権では、与党。自民、公明の思うつぼです。
熟慮すれば「オール野党+高知県民の心意気」→野党統一候補となるのではないでしょうか?
懐深く、先を見つめ、美味しいお酒を飲みましょうよ。

posted by 井上 at 18:49| Comment(0) | ふと気がついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: