2016年07月11日

個人的な選挙雑感

「たたかいはこれから」というのが、正直な感想です。

まず、過去最低の投票率を上げなければならないでしょう。
「高知県民はバカにされた」と、合区に反発し、投票に行かない選択肢を選んだ人が少なくなかったこと。
高知県もそうですが、お隣徳島県でも過去最低の投票率となりました。

一票をめぐる格差の問題は早急に解決しなければなりません。
しかし、「都会からたくさんの議員が選出されて、田舎からは少しだけ」ということでは、「田舎はますます廃れていく」「マイノリティの意見も重視すべき」では。との思いが、新自由主義改革の痛みと重なって、「何とかしなければ」ということで、今回の選挙では、「積極的 棄権」になったと思っています。
このあたりの、感覚をうまく伝えきれないのが残念です。

反対に言えば、まだまだ「高知を何とかしたい。日本を変えていきたい」というエネルギーが、あることを感じました。ここは、県民のみなさんとの知恵の出しあいというところでしょうか。


次に、野党共闘で1人区の壁を打ち破る可能性をつかめたことです。
無所属新人の大西候補は、自民党現職に対して、高知市(旧衆議院1区 山原さんが10選を決めた選挙区)をはじめ、安芸市、土佐市、須崎市、土佐清水市などの都市部をはじめ、いつくかの自治体で得票を上回ることができました。
自民党の強い、郡部の合計でも6000票あまりの差にせまっており、高知県内ではほぼ互角の一騎打ちだったことが分かります。

次期衆議院選挙は、東の1区と西の2区の2選挙区のたたかいとなります。
既存の情報では、自民党現職の中谷防衛大臣のいる1区では、民進党は候補を立てないと聞いています。
幅広い人が推せる候補を立てれば、十分に勝機があると思います。
2区は、参議院からの鞍替えの広田一氏(民進党)の野党統一の可能性が濃厚です。

年内総選挙の可能性も言われている中、教訓をよく分析して、次の選挙に生かせば、2人分の議席を自民党から奪い返すことも可能です。その時には、新自由主義的改革の弊害への怒りの一票を、野党共同候補へと、つなげていかないといけないですね。

自公連立政権が3分の2の議席を取ったからと言って、このまま憲法改正には持っていけないでしょうから、これからの活動に気合が入りそうです。

posted by 井上 at 23:12| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: