2016年12月25日

ぼちぼちやってます

振り返れば、9月以降更新できていせんでした。

いいわけみたいですが、あれこれと、近況含めて書いてみます。
@今期の労働学校の準備と7週連続開催。そして、反省とこれからの展望というサイクル。
私の体調からすれば、(夜がダメですね)ギリギリでの開催でした。当然各コマを担当してくださる講師のみなさんとの打ち合わせも入ってきますし‥
もちろん、反省点も多々ありますが、質量ともたいへん充実したものとなりました。
この辺りは、専従冥利につきます。講師の皆さま大変ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
率直に言って、30代のこれだけの講師陣をお願いできる県は、ほとんどないか、学習協としてのつながりが作れていないのではないかと思います。少しだけ自慢させてください(笑)
一部、ラスト部分が切れているものもありますが、DVDで個人で見ていただく分に関しては、お分けしたいと思います。価格は相談。送料込み1000円程度を考えています。右上のメール送信から問い合わせてください。多少のお時間を頂きます。

A精神障がい者の立場としての障がい者活動の始まり。
とにかく弱い、精神障がい者の運動‥ 月1の精神障がい者家族会のあつまりを軸に。やってますよ。
関西で開かれる、進んだところの学習会への参加。
(一定の障害を持たれている人に支給される、障害基礎年金、厚生年金等。精神だけ改悪が進められようとしています。話せば長いので、別項目にて)一言でいえば、中央集権化と受給抑制!!
家族会の古いメンバーは、肌で感じられています。「国が制度を変えるといって、悪くなることはあっても、良くなったためしがない」と。
私が知ってることのお話しと、悩みをみんなで共有しています。
そして、新しい出会い、同じような立場でいながら、私よりも深い理解をされているM君。
友人、K君が障害年金の行政訴訟に立ち上がろうとしています。できる範囲でサポートしていきたいです。

B趣味の音楽をいい音で聞く集まり。
東京で2件のお宅をお伺いさせていただきました。
デザイナーのMさん家を紹介します。おうちからしてアートしています。壁に一切の平行面がないのですから。
(コンサートホールにも、平行の壁なんてないでしょ)
「もっと自由にやるべきではないか」との主張に感激し、学ばせていただきました。
そして、初SP体験。LPが発売されたとき、手放された方もおおかったとか。
私も同じく、CDが出てLPを手放しました。(まあ高校生だったので、50枚たらずですが‥)
これが、いかにもったいないお話か‥
SP盤は、過去聞いたことなく、素晴らしくナチュラルでした。そのまま録音してあるからでしょ。
現在のデジタル録音なら、どんな加工もできます。SPは限られた情報量の中に、いかに録音するのか。
前向きの方向で、演奏者と録音エンジニアが手を携えています。そして、一発で録音。
この姿勢と出来栄えにこそ、我々は感動するのです。

てなことで、まだまだ?今年は続きますので、よろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 18:55| Comment(0) | 事務局長の駄話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: