2015年07月16日

「映像で知る 沖縄・米軍基地のいま」 開催いたします

IMG_0001.jpg

一昨年から沖縄に移住した、ジャーナリストの岡田竜平さん。
映像で基地問題の取材を続けています。

昨年、ガザ報告会に取り組んだメンバーに、35000人が集まった沖縄県民大会に参加した青年達
を中心に実行委員会を作って取り組んでいます。

ぜひご参加ください。
沖縄料理店にオーダーする関係で、参加される方は、右上のメールからお知らせ頂くと幸いです。

posted by 井上 at 14:30| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

高知県学習協第43回総会を開きます

IMG_0001.jpg

どなたでも参加できます。当日、平和資料館草の家までお越しください。
posted by 井上 at 16:12| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

第19期 労働学校を開催いたします。

IMG_0001.jpg

今回のテーマは、「誰もが輝いて働ける社会に」です。
現代社会の抱える問題からスタートして、どうすればよいのかを、ともに考えます。
また、未来社会のことも学ぼうという、ちょぴり欲張りな企画となっています。

是非、ご参加ください。
posted by 井上 at 11:34| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

「ガザ報告会」開催いたします

IMG_0001.jpg

今回実行委員長をさせていただくことになりました 村越幸代です。

正直な所、パレスチナ・ガザ地区の問題は毎日流れる悲しいニュースのひとつとしてのとらえ方でした。

長い年月にわたる問題は簡単に解決にはつながらないと思います。
しかし、女性や子供たちを含む多くの民間人も殺害され、女性が奴隷にされたとの記事も読みました。

遠い国で苦しい思いをしている人々…
この日本で私達に何ができるのか?

暴力と報復の連鎖が繰り返される中、非暴力の運動を訴える活動家の方の声。
「少なくとも女性と子供を殺してはいけない、人権を大切にしろということだ」
と。

きっと遠い国の母親たちは自分の身が危険でも子供たちを守るために必死だと思います。

戦争は悲しみの連鎖を繰り返すものだと思います。
絶対に止めるべきものだと思います。

日本は戦争をしない国から戦争をする国に変えられようとしています。

戦争が、遠い国での話ではなくなるかもしれない。
自分の子供たちが戦争で悲しい思いをすることになるかもしれない。

戦争の起こす現実を実際に体験した、志葉玲さんの報告をきっかけに事実を知り、自分たちにできることを考えていけたらと思います。

少しでも多くの方にこの機会を知らせてきっかけにしてもらえるようにできればと思います。

よろしくお願いします。



☆微力ながら、井上も企画成功に向けてお手伝いをしたいと思っています。



posted by 井上 at 17:01| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

高知県学習協第42回総会開きます。記念講演もあります!

IMG_0002.jpg

「労働法制改悪学習会」やります。
労働問題の第1人者、愛媛大学の丹下先生をお招きし、今狙われている「派遣法改悪」をはじめ、ホワイトカラーエグゼンプションなどなど、私たちの働く環境を大きく変えてしまう問題について分かりやすく学びます。
6月15日(日)午後2:00〜 高知県立大学永国寺キャンパス202号教室にて開催します。
どなたでも参加OKですので、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

学習会終了後、学習協第42回総会を同じ場所で行います。
posted by 井上 at 16:03| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

今年の働くものの学習交流集会は、恋愛・結婚がテーマです

IMG.jpg

全労連四国地区協議会と4県学習協の共催です。

講師には、売れっ子の長久啓太 岡山県学習協事務局長をお迎えいたします。
さあ。今年も楽しい企画がやってきました。お楽しみに。
(申し込み、問い合わせは、井上までお願いいたします。09082859934)
posted by 井上 at 12:46| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

「アメリカの対日戦略の深層」学習会を開催します

私より1年先輩にあたりますが、長年運動を一緒にしてきた、吉岡先生が高等学校を退職されました。
今後は、新しい道を歩んでいくこととなります。

そこで、私が呼びかけ人となって、学習会と送別会を段取りました。学習会の部分はどなたでも参加できます。
とくにチラシなどは作っていませんし、宣伝もしていませんが、ご都合がよろしい方はご参加ください。

4月13日日曜日15時〜17時 
一般参加の方は、参加費500円。大学生以下無料。

講師 愛媛大学法文学部准教授 中西泰造

中西先生は、アメリカ留学の経験もあり、このテーマにぴったりの方です。
お気軽に参加ください。

PS
録音(CDR)とレジュメがあります。
興味ある方はご連絡ください。4/17
posted by 井上 at 11:01| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

2.11 「建国記念の日」に反対するつどい 開催いたします

IMG.jpg

戦前のドイツ。ワイマール憲法がありながら、ナチスは合法的に政権についた。
その後の歴史は、みなさん御存じのとおり。

歴史の分かれ道に立たされている今、「ナチスの手口」から私たちは何を学ぶべきなのでしょうか。
若手の研究者 岡田健一郎さんがお話いたします。
posted by 井上 at 11:16| Comment(2) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

押して押して押しまくろう!

県下にひろがる、反対の運動っ。たたかって無駄なたたかいはない!
参加者をひろげにひろげよう。

IMG_0001.jpg
廃案までたたかうぞ。


P1060526.JPG
先日200人が集まった集会。新社会、民主、共産の各政党の代表のあいさつもありました。

今回はデモ行進付き。あなたの参加をお待ちしています。

posted by 井上 at 10:33| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

機密保護法案に反対する県民集会 明日です

IMG_0001.jpg

いよいよ山場に差し掛かってきました。緊急で明日のお昼休みに、県民集会を開催することとなりました。
1点共闘ということで、幅広い団体が主催します。

既存の団体よりさらに一回り二回り参加をひろげるために、情報をひろげて頂ければ幸いです。

P1060524.JPG
昨日、社民党の宣伝カー に遭遇っ。気合い入っているようです!
posted by 井上 at 10:39| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

高校 教育のつどい 開催します どなたでも参加できます

IMG.jpg

今年の全体会の講演は、山下正寿さんによる、幡多高校生ゼミナールや福島と静岡の高校生の交流をテーマにしたお話しです。
高校生の生の感想を紹介しながら、あらためて、青年期における人格形成をめざす教育への転換への課題。これからの教育の展望についてお話しして頂きます。

「フクシマに連動することで日本の教育は変革できる」‥無数の反原発学習集団が社会の歪みを見つめ、子どもの命と成長を守り、支えようとしている。この流れに、自然・環境・食・地域づくり・子育てのNPO・市民グループと民主的組織が連携し教育改革・社会改革の地域・全国的ネットワークが形成される条件が出来ている。
と、山下氏は締めくくっています。

ご期待ください。
会場は、 高知東工業高校です。
posted by 井上 at 14:10| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

いよいよ明日が60周年記念学習会です

IMG_0001.jpg

会長、事務局員のみんなの奮闘により(私は、睡眠をきちんととらないといけないので、ゆっくり寝ていました)
中には、朝5時ごろまでパソコンを打っていた若手にも感謝しつつ、高知県の労働者学習教育運動の1994〜2013年の20年のあゆみが完成しました。B5版で30ページとなっています。

明日、参加頂いたみなさんには、もれなく配布いたします。
どなたでも参加できます。お誘い合わせのうえご参加ください。

posted by 井上 at 16:42| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

高校生の意見とスマートフォンの利用実態

今年も、高校障害児学校教育研究集会の季節がやってきました。
11月16日(土)13時〜16時 高知東工業高校で行います。
どなたでも参加できます。参加費無料 一般参加者が少ないのが、毎年の悩みです。

個人的(全体の実行委員長なので、私個人の興味ということで‥)な今年の目玉は、「高校生の生の意見とスマートフォンの利用実態」について、意見交換する企画です。あくまで、対等平等な意見交換をいたします。

たとえばこれ。

IMG_0001.jpg
見えにくくてすいません。
高校生(全日制)の1日あたりの利用時間は、5時間以上が12.1%。3〜5時間が16.7%。2〜3時間が21.4%となっています。一日に2時間以上スマートフォンを利用している高校生が約半数ということになります。

「生活の合間に携帯を使っているのか。携帯を使っている合間に生活しているのか」という、冗談みたいな話しが企画段階で出ていましたが、寝る時間を削ってまでもスマートフォンをしている実態が浮かび上がってきます。

さあ、高校生の本音やいかに。数年後には、労働者になることを考えれば、私たち学習協も半分は合していく必要があるのかもしれません(汗

今回の資料は、県教委が行ったマークシート利用による無記名アンケートによるもので、21ページにもおよぶ膨大な資料にもとづいています。
興味ある方はここからどうぞ。
http://www.pref.kochi.lg.jp/uploaded/life/94903_342158_misc.pdf

たくさんの参加者をお待ちしています。

PS‥明日は、岡山の林病院に通院するため、1日お休みです。
posted by 井上 at 10:57| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

学習協60周年記念企画 青年向けチラシ完成!

IMG_0001.jpg

とある、労働組合さんから、「哲学ってむつかしそうやし」「科学的社会主義といっても若い人しらんしね」と、若い人が行きたくなるチラシを作ってくださいとのご意見を頂きました。

愛媛県のS根君にコピーを考えてもらって、東京都のO島さんにデザインしてもらいました。

ほー。出来栄えが違う。いかに、見てもらえるかがチラシの勝負だもんね!

当然のことながら、私は何も加えていません。講師のお話もかわりません。たぶん。
posted by 井上 at 16:12| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

ようやく買ってきました。期待を裏切らない中身だと確信しています!

「集団的自衛権と日本国憲法」
とのタイトルにて、学習研究会を行います。

TS3W0354.jpg


うーん。これは平積みとはいわず、ななめ積みというのかな?
しかし、「憲法9条の世界戦略」と並んで置いてありました。

IMG.jpg


そして、このオビ!
池田佳代子さんのでっかいオビ!!
松竹伸幸さんよりも、有名人ということか??

前作に続く、微妙な雰囲気を醸し出しています。

以下目次

一章 明文改憲ではなく解釈改憲を先行させる理由
二章 冷戦期には大半が違法な軍事介入だった
三章 冷戦後の変化とその意味を考える
四章 国際法はどう捉え、解釈してきたか
五章 日本と世界の未来のために対案を提示する

さあ、本を読んでから話しを聞くか、聞いてから読むか。(そりゃないか(笑))

10月12日(土)13:30〜16:30まで、県立大学351番教室です。
参加費1000円。学生、青年500円。
(正門から入ると、3Fに上がって頂き、南東の端っこの教室です)
ぜひ、お越しください。
集団的自衛権の深層 (平凡社新書) [新書] / 松竹 伸幸 (著); 平凡社 (刊)
posted by 井上 at 14:17| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

「集団的自衛権と日本国憲法」学習・研究会 開催します

5月3日の憲法記念日に来高していただき、大好評だった松竹伸幸さんの講演でした。
つい先日も、このときの講演のベースとなった「憲法9条の世界戦略」についての議論を聞きました。

確実に、「憲法9条の世界戦略」は、護憲派の中に新しい考え方を、いや憲法9条を守り生かしていくために保守を含めた幅広い人たちを結集していく、世論づくりのメルクマールとなっていると思います。
発売部数もすごいらしいです。

忙しい中、またまた来ていただくことが実現しました!

IMG_0001.jpg
今回は3団体の共催となります。

2部構成をとっています。
1部 現代の戦争と日米同盟及び集団的自衛権の基本認識
2部 安全保障・国際貢献と日本国憲法の平和思想
です。

さらに、討論時間もふくめて3時間の時間配分です。
この秋もっとも重要な課題の一つに、私たちが主権者としてどう立ち向かうのか。
ご一緒に考えましょう。

松竹さんのブログも参照してください。
http://www.kamogawa.co.jp/~hensyutyo_bouken/?m=20130812

来月には、「集団的自衛権の深層」が平凡社新書として発売されます。
当日も発売しますが、事前に読まれての参加も歓迎しています。

ん?。サインがもらえないって。そんなことありません。買った本を持ってきて頂ければ大丈夫です(笑)


posted by 井上 at 17:33| Comment(2) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

第40回 高知県教育科学研究会 開催します

IMG_0001.jpg

超敷居の高い、集会での発表を任されました。
提案者の名前は、県内の教育畑の人ならだれでも知っている、教育実践のトップを行く人々。
さらに、世話人も歴代県教組委員長らがズラリと。

完全に場違いです。トホホ(泣

しかたがないので、昨年と今年の四国ブロック働くものの学習交流集会の内容を発表しようと、準備しています。集団で10回以上も実行委員会をひらいて練り上げた学習交流会です。昨年、今年とも素晴らしい内容でした。
これなら、発表に値するものだと自負しています。

がっ、しかし、当然かも‥1年も前のことを、覚えているわけがなく、あっちこっちと電話やメールで問い合わせて、記憶をよみがえらせていますが、これがなかなか(汗

しかも、写真がねー。使えなかったりするのよね。

とりあえず、頑張ります!
posted by 井上 at 12:08| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

憲法を学ぶ・連続講座 第2回目

IMG.jpg
憲法と日米安保のせめぎあい。

このテーマなら、徳弘嘉孝 憲法会議事務局長が適任でしょう。
高知県の憲法闘争をリードする大黒柱。ありとあらゆる学習会にも参加して、どんどん知識も吸収しています。

講義約80分。質疑。感想文記入。勤労者通信大学受講生はテスト対策があります。
どなたでも参加できます。1回500円です。

「この講座、超一流の講師がたくさん引き受けてくださっています。(もちろん井上の出番はありません)後日のブログで詳しく紹介していきます。こうした、講師団のメンバーを見るだけでも、憲法闘争に勝利の光が見えてきます」。
posted by 井上 at 13:05| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

高知県学習協創立60周年記念講演会 レセプション 開催決定!

様々な案がありましたが、最終的に決定したのは、労働者教育協会副会長 牧野広義 さんの記念講演となりました。

11月9日の夕方から記念講演を開催します。
最近出された著書

知のエッセンス―働くものの哲学 [単行本] / 牧野 広義 (著); 学習の友社 (刊)

昨日の会議で6冊売れました。
「話しを聞いてみたい」「今からわくわくする」という、気の早い人もいます。

記念講演の内容やレセプションをどういう形にするのかは、別途実行委員会を結成して考えていくこととなりました。ですので、詳しい内容はこれから決めて行くこととなります。
お楽しみにしていてください。

なお、60周年記念企画は、これで終わりではありません。
なんと、第3段が企画中となっています。これは、さすがにあっと驚く内容となるでしょう。
まだまだ、やりますよ。高知県学習協は!
posted by 井上 at 17:49| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

憲法「改正」について考えます

私が、理事を務めています、平和資料館‥草の家主催です。

50a0a4de.jpg


この機会にぜひ、自民党改憲草案のキケンな中身について、知っていただければ幸いです。
posted by 井上 at 16:24| Comment(6) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

働くものの学習交流集会 開催します

どなたでも参加できます。若者、元若者、気持は若者。友人を誘ってご参加ください。

IMG.jpg

参加費は、一般7500円 学生4000円です。
右上のメールからも申し込み出来ます。
名前、性別、年齢、所属(あれば)、その他(少し遅れるなど)を書いてください。

高知県学習協も主催団体となっています。
posted by 井上 at 12:07| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

路面電車 「憲法9条号」 走らせます

IMG.jpg

私の所属する、高知憲法会議では、広く県民に憲法の素晴らしさをアピールするため、高知県中心部を走る路面電車に全面広告をすることとなりました。(上はデザイン案)

電車の中のつり革にも広告(憲法前文、9条、国連憲章)がのります。

数年前から「平和憲法ネットワーク高知、平和運動センター、連合高知」の3者名にて、「平和憲法号」の電車が走っています。その企画を全面的にいただきながら、内容を少し変えてもう1台走らせようという計画です。2台の電車でパワーアップするとともに、共同の運動が広がることを期待しています。

5月〜7月まで毎日走ります。そこで、各団体と個人1口 1000円のカンパを募りますのでよろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 15:16| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

領土紛争の解決を通じて東アジアの未来をひらく  学習会開催

5月3日の憲法記念日に、学習会を開催します。

お話しは、「かもがわ出版編集長」の松竹伸幸さんです。
ブログの右下「編集長の冒険」にリンクがあります。
IMG.jpg

私が個人的に買おうかな? と心ときめく本のタイトルを見ると、かもがわ出版だったりします。
このセンスのよさは、どこから来るのでしょうか。

分かりやすくて、説得力ある話しにも定評があります。ぜひご参加ください。
主催は、私も事務局をつとめている 高知憲法会議です。
*当日、かもがわ出版の書籍販売も行います。
posted by 井上 at 14:33| Comment(2) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

「ドイツから見える日本の姿」学習会を開催します

1年間のドイツ留学から、霜田さんが帰ってきました。
そこで、「ドイツから見える日本の姿」と題して話しをしてもらうことになりました。

私自身は、霜田さんのまとまった話しを聞くのは初めてです(笑)
IMG.jpg

エネルギー。働き方。にスポットをあてて、日本社会を考える企画となります。ぜひご参加ください。
高知大学総合研究棟は、正面玄関を入って、すぐ右側の建物です。

霜田さんは、立命館大学時代よりマルクスを学び始めました。大学の社会科学研究会のサークルキャップもつとめて、より深くマルクスを知ります。その後、京都大学の大学院にすすんで、さらに深めます。
さらに、月1回ホームレス支援の夜回りにも参加し、中小都市での貧困問題にも造詣が深い方です。
高知の若手では、マルクスについての第一人者です。お見逃しなく。
posted by 井上 at 12:23| Comment(4) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

イラクテン

私の友人と知人が行っている企画ですが、まだご覧になられてない方は、こちらからどうぞ。
http://iraqwar10.net/

録画映像です。
http://www.ustream.tv/recorded/30071309#utm_campaign=mixi.jp&utm_source=30071309&utm_medium=social
posted by 井上 at 12:47| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

3月10日は、城西公園へ

IMG_0001.jpg

原発ゼロ大行動が城西公園にて行われます。(いままでの丸の内緑地よりかなり広い!)
シンボルカラーは黄色なので、いろいろ工夫して参加しましょうね。
posted by 井上 at 16:14| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

新堀小学校卒業生のみなさんへ

ローカルな話題ですが、3月2日開催予定の新堀小学校閉校記念式典の詳細がわかりましたので紹介します。

1.記念式典(第1部)13時30分〜14時20分 体育館
 オープニング
 開会の辞
 物故者への黙祷
 国家斉唱
 市歌斉唱
 主催者あいさつ
 教育委員会あいさつ
 来賓あいさつ
 来賓紹介
 電報紹介
 在校児童による借別のことば
 校歌斉唱
 校旗返納
 閉校宣言
 閉式の辞

2.アトラクション(第2部)14時30分〜16時00分
 公演 マリンバ演奏 体育館
 餅まき 運動場

なお、閉校を惜しむ会も別途開催されます。6月刊行予定ですが、閉校記念誌も出版されます。
くわしくは、新堀小学校に問い合わせください。

追記2/19
学校のホームページより、このブログの方が詳しいので、さらに詳細を書いておきます。
  閉校を惜しむ会(サウスブリーズホテル) 19時〜
 この会に出席されたい方のみ事前の連絡がいります。学校に連絡ください。

 なお、私たちの学年は別途学年同窓会を行います。菊寿司別館で19時〜 4000円です。
posted by 井上 at 16:26| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

3.11後の福島に生きる

高知大学のO田さんから、福島に住んでいる方の講演会のお誘いをいただきました。
(O田さん との名前がたくさんあるので、高知大学のO田さんは岡ケンと呼ぶことになりました)

私は、所用で参加できませんが、このブログでもお知らせすることにしました。
「高知ゆずりは」の企画立案です。

IMG_0002.jpg


 
posted by 井上 at 16:10| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

学習会の会場が変更になりました

「こんなに違う! 日本とドイツの『働き方』」
〜夜まで働き詰めの経済大国と昼からビールが飲める経済大国〜

1月20日(日)10:00〜12:00
県民文化ホール 3F 練習室

講師 丹下晴喜 愛媛大学准教授
参加費 500円

*県民文化ホールの都合で、会場が1F第9多目的室⇒3F第5多目的室(練習室)へと変更となりました。(無料アップグレードです)
お間違いのないようにお願いいたします。

当日参加も募集中です。
posted by 井上 at 13:42| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

2.11 企画チラシ完成しました

私も事務局に入っています、「建国記念の日に反対するつどい」のチラシが完成しました。

IMG.jpg

すでに、保育所をもうけることなど、新しい若い層の参加者が増えそうとの期待が膨らんでいます。
ご期待ください。
posted by 井上 at 16:08| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

新春学習会 チラシ完成しました!

IMG.jpg

講師は、毎回好評の愛媛大学丹下先生です。
ご期待ください。
posted by 井上 at 13:25| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

新春学習会の日程 決まりました

『こんなに違う!日本とドイツの「働き方」 〜夜まで働き詰めの経済大国と昼から ビールが飲める経済大国〜』

毎年、ドイツを訪ねている愛媛大学丹下先生を講師にお招きして、学習会を開催します。
同じ、資本主義の国なのに、なんでここまで違うのか?
その謎に迫ってみたいと思います。お楽しみに。

1月20日(日)10:00〜12:00
県民文化ホール 第9多目的室
参加費 500円 
posted by 井上 at 13:19| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

「チェルノブイリの健康被害を検証して」

私も理事を務めさせて頂いている、「平和資料館 草の家」主催の講演会がありますので、お知らせします。
最近、「草の家」の企画には、ほとんど参加できていません。この日も長女の小学校最後の音楽会があるので、行けません (汗 
しかし、内容が大切だと思いますので、このブログでも紹介しちゃいます。

詳しくは、別の機会にゆずりますが、先日開催した「高校のつどい」で、原発について、多くの考えなければならない点があると思いました。

青年は社会を映す鏡だと言われますが、高校生との真剣な話し合いを通じて感じたことは、私(44才)と高校生の間には、原子力についての感覚の違いを感じました。

私たちの世代は、放射能の危険性をまだ実感出来ている方だと思いました。幡多ゼミナールの「ビキニ被爆者の聞き取り」や、広島・長崎に何度も訪れるチャンスに恵まれたし、たくさんのお話しを聞く機会もありました。もちろん多くの少しだけ年上の先輩達とも議論するために、自分の問題として考えることが出来ました。

現代を生きる高校生にとって、ある意味「リアルさ」がない話しでもあり、議論をしようにも「考えたことないことを聞かれても困る」といった感じがありました。それもそうだと、うなずかざるをえない環境にあるのだと思われます。

さしあたって、原子力の人間に対する影響を知ることは、とても重要なことだと感じています。
お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。


講演会「チェルノブイリの健康被害を検証して」

 2011年3月11日の福島原発事故は、原発の「安全神話」の欺瞞性を暴くと同時に、私達に「ポストフクシマをどのように生きるか」を問いかけています。
 “市民の科学”を追及する吉田さんの講演は、きっとそのヒントを与えてくれるものと確信します。

日 時 2012年11月17日(土) 13時30分〜16時(13時受付開始)
会 場 高知短期大学・251教室(永国寺町5-15・本館2階)
入場無料。どなたでも参加していただけます。

講 師 NGO「チェルのブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
     事務局長 吉田由布子さん

主 催:日本科学者会議高知支部、平和資料館・草の家
協 賛:伊方原発を止める高知県の会
連絡先:平和資料館・草の家(高知市升形9-11/088-875-1275)



で、感じたことを、私にお知らせ頂ければ幸いです。(汗
posted by 井上 at 09:35| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

10月27日(土曜)未来をひらく教育のつどい 追加案内

IMG_0001.jpg

教育のつどいは、教職員だけでなく、広く県民の方に参加していただこうと、「教育研究集会」から「教育のつどい」と名称も変更して、開催しています。

今年のつどいは、「全体会 日本の原子力政策の構造と『脱原子力国家』への道 吉岡 斉 九州大学教授」がお話しします。

課題別分科会、「高校生の生活・学び」 では、広く高校生からの「原発」「放射能」「自然エネルギー」をどう考えたのかのアンケートを取っています。

どなたでも参加できます。是非、ご参加ください。
課題別分科会13時〜16時 全体会16時15分〜18時15分

posted by 井上 at 13:57| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

いろいろな角度から、原子力問題を考えよう

私は、体調のこともあり、毎週のデモなどには参加していません。
しかし、脱原発への世論の動きは注視しています。

IMG.jpg
今年の「未来をひらく教育のつどい」は、吉岡斉さんをお招きすることとなりました。

少し、敷居が高い気がする「つどい」ですが、どなたでも参加できます。
なんてたって、私が実行委員長をさせていただいているぐらいですので。汗

是非ぜひお越しください。
posted by 井上 at 15:48| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする