2010年12月27日

学習協ってすばらしい!

県学習協の財政は、遺産を少しづつ食い潰している側面はいなめませんたらーっ(汗)

会員会費を値上げするのかどうか、先延ばしのまま推移しています。
本日、県内最大手の労組の副委員長との会話の中で、「カンパより、会費を上げて組織を支えるほうが、とのアドバイスを頂きました。必要な財政の範囲なら大きく値上げしてもいいのではとのことです」。
大きな県のように、講座や労働学校をたくさん開催(事業収益)することには無理があります。
現状は収入の3割は、カンパによって支えられています。(しかし、単年度は赤字決算です)

確かに、そのほうがスッキリしますし、会員として組織を積極的に支えていただくという面はいいことですねるんるん

早速、常任理事会にて議論させていただきますグッド(上向き矢印)

ブログを見て頂いているみなさん。お金の話しですいませんあせあせ(飛び散る汗)

事務局長としては、きわめて心強いアドバイスでしたぴかぴか(新しい)
明日から、気持ちも引き締めて頑張ります手(グー)
posted by 井上 at 19:23| Comment(3) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ついに来たー

おちびちゃんが、「感染性胃腸炎」にたらーっ(汗)嘔吐下痢ですね。医者からは家族もうつるので、その分もクスリをだしておきましょうと、ありがたい配慮をいただきました台風

保育園のたよりには、予防のためには「塩素系漂白剤だけです」とあせあせ(飛び散る汗)

明日から、(一部を除き)3営業日で学習の友の集金と会費の納入、カンパのお願いをしなければなりませぬ。分刻みのスケジュールですグッド(上向き矢印)

今年は、昨年と比べても遅れていますう。もちろん資本論講座の学習をしたりと別の体力をつけていましたのでexclamation×2

ブログの内容も、スカスカになるかも知れませんが、応援をよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
posted by 井上 at 18:54| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

公的保育制度をめぐる攻防

12月高知県議会では、意見書が22対14で否決されたようです。

運動が盛り上がってきているので、3月めざすたたかいが大切ですねるんるん

これが「保育」の問題と言いきれば少し違う。問題を正確につかむことが大切ではないかと思う今日この頃ですね。
少し長いですが、さすがは自由法曹団です。
http://www.jlaf.jp/jlaf_file/101213tiikisyukenkaikaku-ikensyo.pdf
posted by 井上 at 13:05| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

学習協も裁判傍聴にくるの?

という素朴な質問をされました。
確かに、私が高知一般労働組合の組合員であることは、ほとんどしられていないなあ。

わずか1分で終わったので、詳しい内容をK原弁護士が説明してくれました。
内容は割愛します(ブログに書いていいのかわからないので)が、あきらかに不当解雇ですね。

わざわざお金を使って、裁判までするという背景に、労働者が会社にたてつくとは生意気だ!
ということがあるようですダッシュ(走り出すさま)

まだまだ日本の労働運動を強めるために、頑張らないとと思ったことでしたー(長音記号2)
posted by 井上 at 11:25| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

涙のうどん 会議 忘年会の1日でした

18日土曜日は、午前中連れ合いの労組の会議がありました。女性部の担当です。(具体的に何をやっているのかはよく知りません)

さあ、私の方はそのあと、高松行きの高速バスに飛び乗って四国ブロック事務局長会議に出席です。基本的に移動手段の中は、睡眠時間となります。なによりも体調第一だからです。デパスという安定剤(内科では肩こりのクスリ。早い話しリラックスする効果があります)を飲んで気がつくと、もう高松西インター近くでした。

あらかじめ、パソコンにて検索してきた来たうどん屋へ直行です。

P1030117.JPG

なんと、閉店ということらしいふらふら
800件もある、うどん屋さん。競争が激しいのですね。

となると、歩いて行ける範囲で行ったことないうどん屋はもうありません。
実は、連れ合いの実家が高松市なので、市内のうどん屋はそうとう制覇しているのですグッド(上向き矢印)

しかたなく、「たも屋」の女性スタッフだけでやってるお店にしました。

P1030116.JPG

P1030118.JPG

「たも屋」はチェーン店で、私の自宅のすぐ近くにもあり、いつも通っています(笑)
高松のお店も、まったく同じ味でした(涙
夜の忘年会もあるので、軽くザルうどんを頂きました。
それにしても、商店街の中にこうしたうどん屋さんがあるとは、やっぱり讃岐ですねー(長音記号2)

ブロック会議では、あれやこれやといろいろと議論です。やはり香川の原則的な運動から学ぶところが多いですね。
運営委員会の報告がありましたが、内容が矛盾するものでしたバッド(下向き矢印)
したがって、次の東京でおこなわれる会議での私の発言の骨子が決まりました。

P1030119.JPG

会議終了後、忘年会へ。

P1030121.JPG

こちらが、会長さんです。


P1030131.JPG

気がつけば、ほどよい加減にいっちょあがりでするんるん
posted by 井上 at 12:54| Comment(2) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

霜田さんの結婚式

日曜日に、霜田さんの結婚式がありましたぴかぴか(新しい)

本人の希望で、ブログには「報道のみ」とのことなので、雰囲気だけお伝えできればと思います。

P1030033.JPG

わが家からほど近い、迎賓館にて行われました。

P1030038.JPG

こちらが、式場です。いつもより緊張した面持ちで入ってこられましたるんるん

P1030105.JPG

こんな感じの大きな会場です。いろんな出し物があって、2人のこともよくわかるとってもステキな披露宴でした。(お見せできないのが残念です)

P1030074.JPG


ウエディングケーキは、大きな本の形になっていますー(長音記号2)

P1030087.JPG

その場で作って頂いた料理なので、とっても美味なりグッド(上向き矢印)

P1030107.JPG

ここに、2人が座っていました揺れるハート

霜田さんの方は、職業柄大学教授がたくさん出席されていました。
お相手の方は、まだ24才ということもあり、友達がたくさん参加されていました。
しかし、不思議と一体感があったところが面白いですね。

P1030111.JPG

とても印象に残る結婚式となりました。
これからもよろしくです。
posted by 井上 at 13:20| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

久しぶりに立ち寄りましたA

今回、かたりあふ書店に寄った目的は、私の文章力を上げるためですふらふら

P1030027.JPG
ほとんど、本棚が見えない状態です。


小4の娘は、次から次にいろいろな小説を読んでいます。私の読書量を上回る時間カモあせあせ(飛び散る汗)
高校生で現代国語の単位をおとした実力の私は、たくさんの方にブログを見ていただいているという強制力を力に書く力をつけたいと考えました。
で、とりあえず子どもの本からどうかな。ということで、この本を紹介されました。

あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520)) [単行本] / ハンス・ペーター・...

「ゆっくり、ゆっくりと読んでみて」とのことでした。

P1030026.JPG
積み上げられている本達です。

こちらが通信です。パソコンが使えないので、うまく表示ができません(泣
IMG.pdf
posted by 井上 at 13:36| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

久しぶりに立ち寄りました@

古本屋さんです。
一冊の本がありまして、そこに古本屋さんの加盟店一覧がありました。
高知県には、きちんとした古本屋はもはや3件しかないことがわかりました。
その貴重な1店となります。

P1030023.JPG

「インターネットで販売とかはせんよね」と聞くと「そうしたら、かたりあふ書店じゃないなるやんか」とのこと。ごもっとも。

実は、私が民青県委員長時代にはたいへんお世話になりました。
学習会の講師はもちろん、高知大学の事務所には、指定文献を一式カンパして頂きました。

P1030024.JPG

入口すぐ左の棚です。岩波の文庫本がズラリとならんでいます。よくよく見ると、その奥に新書が並べてあるという塩梅です。きれいな棚に並んだ本を見ると壮観でするんるん

よほどの本屋にいかないと、ここまでそろっていないのではないかと思います。

なんでも変わったお客さんがいて、この岩波の本をきれいに整理整頓してくれたそうです。
「また来てくれんろうかねえ」とのことです。

P1030025.JPG

そのほかの部分はご覧の通り。

えんぴつ書きの「かたりあふ通信」もう800号になろうとしています。最新号などいくつか頂きました。少し引用させて頂きます。

「板垣退助の直筆」30年前に手に入れた、封筒だそうです。
実は板垣の直筆は、2点しか確認されていないようです。1点は首相になった時、天皇の前で書いたもの、これは直筆ではないかとのことです。うーん。それはそうかもしれません。
で、結論です。「板垣の直筆を判断できる人はいないので、直筆ともいえないし直筆でないともいえない」とのこと。

ここの、本屋はすごく居心地がよいのです。
コーヒーも出していただけますし。時間の流れもゆっくりです。なによりМ岡さん曰く「ストレスは全然ないよ。話したくないお客さんが来たときには、本を読んでるふりをすればいいだけやきね」と。

088-832-7757が電話です。もし、欲しい本があればさがしてくださいますよぴかぴか(新しい)

つづく
posted by 井上 at 14:23| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

思わぬ誤算だなこりゃ‥

リニューアルした「学習の友」確かに紙面がよくなっているぴかぴか(新しい)

しかし、それ以上に賃金の下落がひどいバッド(下向き矢印)

高知県では、大量減誌はないだろうとたかをくくっていたのが間違いだったのです(泣
ジリジリと減り始めましたよたらーっ(汗)
特徴は、私たちの世代exclamation×2
子育て世代でしかも良く知った中の人たちなのだあせあせ(飛び散る汗)
たとえば、「高知民報も、デイズジャパンも、週間金曜日も、日本の科学者も‥(まだまだ続く)も止めて、残っているのは赤旗だけ」とか。「まあ、そういわずに」と応戦するものの、歯が立たないふらふら

年末にかけては、綱渡りスケジュール。あれもこれもはできる実力はないのが現状なのだ。
はてさて、どうしたものか右斜め下右斜め下
posted by 井上 at 16:42| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ふふふっ。一歩前進。

政府がもたついている間に、「衆議院の比例定数削減に反対します」の団体と個人アピールが完成しましたぴかぴか(新しい)

私の所属する「高知憲法会議」と「護憲連合高知県本部」が呼び掛け団体となりましたグッド(上向き矢印)

もちろん、共同集会も開催しますexclamation×2

集会開催時には、各政党も呼ばなければなりませぬ。公明党さんは来てくれるのかな?
posted by 井上 at 16:11| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

東京に行くと良くないことがおきる?

労働者教育協会の理事会があり上京しました。

P1020939.JPG

ここが、本部の入っているビルです。
最初におとづれた時は、ポスターなどはなく、さがすのに苦労しました(笑)

本部事務局次長のO石さんから、タイトルのようなことを言われましたが、半分当たっています。
全国学習交流集会の時は、ホテルで寝ていましたので。

まず、会議には相当遅れてしまいましたたらーっ(汗)
これは、私のミスですが、持っていく薬の中に抗うつ薬だけがないことが発覚しましたバッド(下向き矢印)
うつの症状そのものはないのですが、別の症状でこの薬を飲んでいます。1日の摂取量の限界である150_gと大量です。日曜日までのまないままだとどうなることやら。

mixiで、つぶやいてみる。「大阪のお医者さんから、内科でも処方してくれるのでは」とのこと。
確かに、坑うつ薬の使用量は精神科より内科の方が多いですからね。

さっそく病院に直行です。しかし、そこからがなかなかです。
「精神科のクスリなら、最終的にはお断りするかもしれませんと」あせあせ(飛び散る汗)

地元のかかりつけの病院に電話して事情を説明して、処方量を東京の病院とやりとりしてもらいました。けっきょく、待てど暮らせど一番最後の診察となりました。
わずか1分で診察が終わり「待たせてスイマセンね」とのことでした。

薬局で薬をうけとり、本部に向かうけれどもすでに3時頃になっていましたたらーっ(汗)

日曜日は、理事会にて「2010年代の大衆的学習教育運動の再生と発展のために」(「提言」<案>)が報告されます。
これからの運動の指針となる素晴らしいものですexclamation×2

P1020938.JPG

山田会長がポイントだけ説明します。しかしとても討論時間がたりません。
私は、帰りの飛行機の都合で3時には抜けないといけないので、発言をしませんでした。
会議で発言をしないのは、記憶にないので、ここ10年以上なかったことではないかと思います。準備がないと、アドリブでは発言したくないだけの内容をもつ、それだけの「提言」<案>なのです。

3時に会場を出たものの家にたどり着いたのは8時と5時間もかかっています。
東京→高知の最終便はすごい混み方なので、この飛行機をとれませんでした。
なんと、東京→伊丹→高知というあたらしいパックのダイヤが出来ているのですグッド(上向き矢印)

P1020943.JPG

羽田空港から、大阪まで飛行機です。そこから高知までは、前足の出ないボンバルディア機かとおもいきや、エアバスA320でしたるんるん
これで、胴体着陸の危険性はなくなりました(笑)

しかし、大阪行きの飛行機が20分も遅れて、空港に着くと高知に向かう人はみんな走って乗り換えです。

なんとも、疲れた東京出張となりました。
posted by 井上 at 11:50| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

未来をひらく教育のつどいに参加  てか、実行委員長です(汗 A

今年の課題別分科会も例年どうり「高校生の出会い・発見・つながり」に参加しました。
今年は、教科別のつどいが別の日程で行われるため、体制が抜本的に強化されて、私は昨年までの分科会を回す役割から1参加者へと変わりました。

発表された実践は、全国教研(つどい)に生かしていこうということになり、そちらの方面の総括などはまた、別の機会にゆずるとして、いままで見えていなかったことが気になったのです。

教育の2面性がどう現場で、たたかわれているのか、あるいは実践されているのか、ということです。授業内容には当然目が行きますし、まわりにも高い関心があります。

1参加者として、新しく知った点は、「生徒を管理する。あるいは、権力に従わせようとする」ものすごい力が加わっていることへの驚きでした。(高知県が相当自由な雰囲気の学校ばかりだったから余計にそう感じたのかもしれません)

たとえば、授業の始まる前には、「姿勢、礼、よろしくお願いします」と。終わったら、「ありがとうございました
という、ことが行われているようです。

また、生徒の服装検査などは、徹底的にやられているようで、農業高校では「豚や馬なみの扱い」(先生曰く)らしいということなどです。

ある高校は、無遅刻無欠席の生徒が1年間で150人を超えるとかどんっ(衝撃)
どう考えても、普通の状態ではありませんよね。

まさに、富国強兵政策の具体化であり、それに入れない生徒は排除される仕組みが作り出されているのではないかということに、強い危機感を持ちました。
当然、校長の一言で決められてしまうため、有効な反撃が出来ていないようですふらふら

「国家は身体を操作する」という、フーコーの理論を目の当たりにしたようでした。
(科学的社会主義からずらすつもりはないのですが。(笑))
posted by 井上 at 10:16| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

未来をひらく教育のつどいに参加  てか、実行委員長です(汗 @

土曜日の午後、今年の「教育のつどい」は、「貧困」などのテーマを作るのではなく、ここ数年の話しあいの上に、県内の生徒数が減っていくことを展望しながら、学校の統廃合などに私たちの側から政策提言をしていくことを中心目標にして開かれました。

P1020841.JPG

発言する大鳥さん。学習協常任理事でもありますー(長音記号2)

参加は55人といったところでしょうか。

P1020842.JPG

高知県は東西に長く、高知市周辺部に一極集中しています。人口の半分40万人はここに住んでいます。あとは、東や西の市でも、人口が3万人〜2万人しかいません。そこへさらに人口の激減が進んでいます。

中学校の先生方から聞き取りすると、「高校に入れてあげられないのが一番つらい」とのこと。もちろん、高校を出ていないと就職するのに圧倒的に不利になってしまうからです。

しかし、高知市周辺部は「不登校など」いろいろな困難を抱えた子どもたちを受け入れることのできる学校がありますし、その中で素晴らしい教育実践が行われてもいます。

問題は、郡部でそうした役割を果たしていた学校が募集停止となったりして、行き場がなくなっていることですね。

高校の側での定数に足りなくても、「足きり」が行われている実態があります。
極端に学習の遅れた子どもを入学させた学校は、その子どもたちに手がとられて、ほんとなら地域の学校から大学進学できる生徒への援助まで手が届かなくなっているとの現状も出し合われました。


今年のつどいでは、県内すべての学校の現状が報告され、抱えている課題が浮き彫りとなったことが、今後の政策提言にむけてのたたき台として成功したのではないかと思います。

もちろん、背景には県内産業の衰退と貧困の問題が横たわっています。
しかし、今すぐにも部分的な改良の余地がたくさんあるということがわかったことがなによりもの財産だったように思います。

私も、底辺校で落ちこぼれていたので、高校への入学とその後の学習援助を厚くしていくために、出来る範囲で力を発揮していきたいと思った1日でした。

posted by 井上 at 12:53| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

作業の遅れとお知らせ

1日寝ると体調が回復しましたぴかぴか(新しい)

朝から、資本論講座受講生向けの発送作業をすすめていましたが、途中であせって録音を消してしまうなどアクシデントも重なり、おちびちゃんの保育園のお迎え時間が迫ってきましたので、本日の発送は無理となりましたあせあせ(飛び散る汗)
申し訳ありませんバッド(下向き矢印)

お知らせです。10月30日午後1時より、「これからの高校・障害児教育を考える 未来をひらく教育のつどい」が開催されます。どなたでも参加できますので、是非おこしください☆
詳しくは、事務局の高知県高等学校教職員組合 088-822-6822まで。
実行委員長に昇格?した、井上よりご参加をこころから呼びかけまするんるん
posted by 井上 at 11:12| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

煙にまかれる

昨日友人の団体交渉なるものに参加しましたパンチ

気合いは入っていたものの、「経営者」のあまりの作戦のうまさの前に一進一退というなさけなさふらふら

これも勉強の一つと思うのだが、「経営者」のあまりの余裕ぶりに、レコーダーを聞き直したら、激しいストレスに右斜め下右斜め下

緊急作戦会議をもって、巻き返しますグッド(上向き矢印)
posted by 井上 at 13:56| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

全国学習交流集会イン東京に「偶然」参加できましたの巻きA

2日目の午後からのづづきです。

私は、なんと昨晩3回も腹痛で目が覚めて、ボロボロ状態バッド(下向き矢印)

なんとか、労働学校の分科会は乗りきったもののダウンバッド(下向き矢印)

こんなこともあろうかと、オプショナルの申込をしていなかったので、さっそく新宿の宿舎に行きそのまま爆睡していました。

あとの2人は「マルクスを学びたい」に行くとのことなので、録音だけお願いしました。

さて、最終日です。

P1020806.JPG

あいかわらずガラガラの会場ですたらーっ(汗)

記念講演に、萩原伸次郎さんがお話しします。

P1020807.JPG

オプショナル企画や勤労者通信大学のスクーリングとも重なる部分があり、一体感をもった話しとしてより理解が深まる方も多くいたようです。

企画を練ってあったのか、偶然かは測りかねます(笑)

感想報告には、T月さんが登場しました。

P1020812.JPG

「次世代育成には、計画的に財政も使って、目標をもってとりくまなければならない」という発言が印象に残りました。

また、O島さんからも感想がよせられました。
-------------------------------------------

全国学習交流集会in東京に参加して (トモジ)

高知県学習協の前事務局次長です。この肩書きで続けるのも変なのでトモジとでもしておきます。
事務局長も「全国学習交流集会イン東京に「偶然」参加できました?の巻き@」でふれていたように、現在、東京で働いていて住所は千葉なのですが、高知県学習協の会員のままなので、「高知から参加」という形で参加しました。

集会全体は、「なくそう貧困、まもろう憲法、やめよう安保」の学習をすすめていくという方針にそって、開会の記念講演〜分科会〜終会の記念講演の内容がよく練られているなと感じました。
今回は、それについて書きます。
最初の記念公園の伊藤千尋さんの講演は事務局長も感想を述べていたので、ここでは取り上げません(しかし、チェコの女性歌手マルタ・クビショワの話は、高知でも聞いたことがあったと思いますが、何度聞いても感動的。)。

2日目の分科会は、第1分科会「貧困、憲法、安保を関連付けて学ぼう」に参加。
まさしく集会のメインテーマに一致した分科会ですね。
最初の問題提起は、安保破棄中央実行委員会の東森英男さん。
安保条約の成立と、変質の経緯を説明。

日米安保条約は、1951年サンフランシスコ平和条約締結(日本の形の上での独立―まだ沖縄は米占領下に置かれる)と同時に吉田茂首相(高知出身で、麻生元首相のおじいさん)が秘密裏に調印。(密約として誕生したという訳ですな)
1960年に昭和の妖怪、岸信介(安倍元首相のおじいさんでA級戦犯として逮捕されてた)が安保改定に調印。特徴は、米軍基地の恒久化、米軍駐留経費の負担、共同作戦・・・
現在の日米安保条約はこのときから一文字も変わっていない。

ちなみに、廃棄条項もこのとき決まっており、唯一の「改正」部分。ついでに全文も紹介しましょう「第10条:この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本国政府及びアメリカ合衆国政府が認める時まで効力を有する。
もっとも、この条約が10年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する」(つまり、この条約が改正された1960年から10年たてばいつでも、一方の国が「や〜めた」と言えばやめることができる)

この問題提起で特に強調されたのが、経済条項です。(ちなみに、原文では次のとおり 第2条:締約国は、その自由な諸制度を強化することにより、これらの制度の基礎をなす原則の理解を促進することにより、並びに安定及び福祉の条件を助長することによって、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また、両国の間の経済的協力を促進する。)
つまり、この条項で、日本とアメリカの経済政策におけるくい違いをなくす(=アメリカと同じにしろ)ということをいっていて、農産物の輸入自由化などの規制緩和や、「新自由主義的改革」つまり構造改革を推進することをアメリカから要求されてきた訳です。
この条項が具体的に政策としてあらわれるようになったのが、レーガン、中曽根時代で国鉄、電電公社民営化(今のJR、NTT)、更にクリントン、細川、橋本時代あたりに、「年次改革要望書」というものが、アメリカから突き付けられようになって(日本がこなすべき課題)、コメ輸入自由化、金融ビッグバン(経済じゃないけれど、日米安全保障共同宣言、小選挙区制の導入などもこの時代)などが行われ、ブッシュ、小泉時代には、郵政民営化、労働者派遣法の全面解禁などが起こりました。

ここで、安保から貧困への流れがみえてくるという訳です。

憲法をからめた話にまでは(時間の関係?)いかず、会場から「貧困と安保までは説明できるが憲法まで盛り込むのが難しいのでどうしたらいい?」という質問がでましたが。
元々、日本国憲法と日米安保条約というのは水と油。矛盾した関係です。安保破棄の立場に立つかどうかで革新か保守かが見分けできるという話もありました。

最終日の記念講演「日米関係から日本経済を見る―安保と経済」萩原伸次郎さん(横浜国立大学教授/神奈川県学習協会長)の話は、この「年次改革要望書」と日本の経済政策の変遷を中心にしたものでした。(大変わかりやすく楽しい講演でした。)

ということで、集会全体(他の分科会はどうか分かりませんが)が太い柱で貫ぬかれていたな〜というのが、全体を通じての感想です。

---------------------------------------------
さて、話しは変わって全国交流集会から見えてきたものを考えてみたいと思います。
労働者階級の政党では、11大県という枠組みがあります。
(北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、長野、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡)です。
その他の民主団体でも、若干の強弱はあれ、ほぼこれらの県が前進するのかどうかで、大勢が決まります。

われわれの学習組織は一部を除いて、大県の力が著しく弱いことを痛感しました。
2010年代の学習運動を考える時、大県のあるべき力をどうアップしていくのかが課題のひとつ目であると思います。

もうひとつは、避けて通れない課題として、現在の「連絡会議」方式をあらためる時期に差し掛かっているということです。
意見表明の場所がないので、書き記しておきますexclamation

posted by 井上 at 11:31| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

全国学習交流集会イン東京に 「偶然」参加出来ました?の巻き@

集会の40日前に、私と自治労連のT月さんの参加が決まったため、自宅から歩いて5分の旅行代理店に。

3連休を甘く見ていた私には、衝撃の現実がっ。偶然JALの帰りの最終便が1席あいていたため、(たまたまキャンセルが出たものだと思われる)すぐに、T月さんの分のパックを押えました。私の分は「リクエスト」という形で、ANAの帰りの便を調整して頂くこととなりましたあせあせ(飛び散る汗)

飛行機の正規運賃だと片道31500円もかかります。この時点で、募集は打ち切りとなりましたふらふら
「2人で行って、大きく広げてください」とは、自治労連委員長で副会長であるT井さんの激励です。

しかし、この地域間格差、なんとかならないものでしょうかどんっ(衝撃)
田舎者としては、納得できません右斜め上

そこに、4月から東京に転勤した、県学習協の前事務局次長からメールが届きます。「高知に帰ろうかと思っていたけど、チケットが取れなかったため、集会に参加する」とのこと。
これで、(2人+1人)の参加となりました。

四国ブロックは、香川のT松さんがきちっとブロック会議も開くし、4県への連絡や労連へのきめ細かい相談などをしてくれるので、4県とも参加となりましたグッド(上向き矢印)


集会に送れて到着すると、山田会長のお話しの途中でした。
P1020797.JPG

なぜか、ガラガラバッド(下向き矢印)

今回の集会は、「なくそう貧困、まもろう憲法、やめよう安保」の運動が全体を貫いていた集会だったように思います。

そのあと、伊藤千尋さんの記念講演です。
私は、初めてお話しをお聞きしました。(所属する憲法会議でお招きする話しもありましたが、条件面で折り合わず)

変わっていく、変えていく社会を自分で見たことを中心に話されるので、非常に説得力があります。
高知県学習協は、ベネズエラ学習会企画を単発で数回しているので、またやりたいなと思ったことでした。
友人の中南米研究家のブログです。
http://www.ven-bolivar.blogspot.com/

夜は、資本論学習会をしている県で集まって交流するという企画があるとのこと。
今年1年資本論の大枠を理解して、1巻のお話しが出来るようになるのが目標の私にとって、とっても魅力的な企画でしたが、T松さんが勤労者通信大学の司会をしていて遅れるため、四国ブロックの交流会の幹事として、水道橋で交流しました。

四国全員とK村国公労連副委員長になぜか青森の2人が参加して、楽しいひと時を過ごしました。写真を撮るのを忘れていましたたらーっ(汗)

私の参加した分科会は、「労働学校運動交流会」です。
東京、神奈川、愛知、大阪、岡山の労働学校の詳しい実情(メリット、デメリットと現在の努力点)がわかり非常に参考になりました。
先日の高知県学習協の常任理事会では、労働学校の議題1本で突っ込んで議論していたため、すぐにでも行かせていける内容を吸収できて、これだけでも参加できてよかったです。

話しは飛びますが、このブログ個人ブログっぽくなっている(東京の前事務局次長からも指摘)ので、いろいろな事務局の方の記事も載せながらも、より実態に見合うように「井上事務局長とゆかいな仲間たち」というサブタイトルに変更いたしましたぴかぴか(新しい)

つづく
posted by 井上 at 12:05| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

昨日の高知憲法会議の会議に出席 方向性が見えてきた!

私は、ここの事務局をつとめています。
衆議院の定数80削減問題です。
どうやら、来年の通常国会に法案が出てきそうです。

中央の拡大常任幹事会でも、署名などは「各県で自主的にやってください」とのこと。

P1020792.JPG

報告する、T事務局長です。

「比例削減反対」だけでは運動が狭まるし、70%の削減賛成の世論の前では、なかなか難しいのではないかという面があります。

もうひとつは、「選挙制度そのものを問う」という、幅広い運動をやろうとすると一致点がなかなか取れないということも出てきます。

しかし、ここでやらねばということで、15日に谷脇和人弁護士(学習協副会長でもあります)を講師にした、緊急学習会で意思統一をすることと。
少しづつ実践を広げて積み重ねていくということになりました。

P1020796.JPG

発言する春○代表委員です。

さあ、私もブックレットを売りきるために頑張りまするんるん


比例削減・国会改革―だれのため?なんのため? (学習の友ブックレット)

比例削減・国会改革―だれのため?なんのため? (学習の友ブックレット)

  • 作者: 自由法曹団
  • 出版社/メーカー: 学習の友社
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 単行本




まだ、在庫が30冊近く残っています(汗
posted by 井上 at 14:24| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

沖縄・尖閣諸島沖での漁船衝突事件について思う

ネットでは、激しい中国バッシングがひろがっていますねあせあせ(飛び散る汗)
日本人の率直な感想なのだろうか?

日本の主張が正論だとしても、やはり戦後処理の問題が根底にあるようですね。

日経新聞の社説です。
http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE3E6EBEBE5E4E4E2E0E3E2EBE0E2E3E28297EAE2E2E3?n_cid=DSANY001

今や、日本最大の貿易相手国。うーん。考えさせられる現状だたらーっ(汗)
posted by 井上 at 09:45| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

なかなか手ごわいなあ

私が、学習協に来たときにきちんと教えてもらえなかったのが、今、一気に積みかさなって爆発してるって感じですかねバッド(下向き矢印)

ひたすら、М尻さんにおそわりながら、会計計算ソフトを学習協用にアレンジしていますどんっ(衝撃)

別の方に「そもそも簿記が分かってないと無理だよ」と、アドバイスもいただいたので、「簿記」も一緒に教わっています。

P1020750.JPG

しかし、なかなか手ごわいなあ。

高知のは広島のと同じソフトみたいです。
しかし、全国組織なんだから、統一したやり方があってもいいと思うのは私だけかなexclamation&question
posted by 井上 at 13:40| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

子ども子育て新システムの講義、学習協事務局長会議、えさ箱あさりの1日でした

なんだか、このブログって、私の個人ブログみたいになってきたなあ。
他の人にも書いてもらわないとたらーっ(汗)

土曜日の朝は、おちびちゃんの通う保育園の役員会議でした。今年3回目の保育情勢をめぐるお話しをいたしましたグッド(上向き矢印)

さっそく、レジュメを手直ししたものと、チラシをつけて印刷したものが全保護者の手に渡りました。


体調を考えると、高松まで車で行くのはしんどいので、いつもの高速バスでひとっ走りです。
(私は寝てましたが)

P1020741.JPG

瀬戸大橋が出来てからは、JRの高松行きの列車がどんどん減り、直行便はもうないのではないかと思います。「四国の玄関」と言われたのは、もう昔のこととなったようです。

P1020739.JPG

香川県学習協は、県労連の上の3Fにあります。なかなかの広さです。

で、時間のほとんどが、学習協の組織論の話しについやされましたひらめき
中身はまだ秘密です。

確かに、現状の運営委員会方式はほとんど機能していないので、抜本的な見直しが必要なことだけは確かです。

高松に来ているにもかかわらず、この日はうどんを食べませんでした。
チェーン店でも、高知より美味しいですバッド(下向き矢印)
なぜ、こんなにも違うのかexclamation&question
うーん。謎ですね。

いつもの、中古レコード屋さんに吸い寄せられて、「えさ箱」をあさります。
このダンボールがそう呼ばれています。

P1020740.JPG

この日は、3枚をゲットしました。

CDが生まれてはや30年がたとうとしています。
反対に言うと、30年前のパソコンの情報処理技術でつくられた、フォーマットなのです。
その後、積み木細工のように改良が加えられていますが、もともとのデータは同じなのでもう限界だと思いますバッド(下向き矢印)

レコードを鳴らすにはコツがいりますが、CDより断然音がいいですグッド(上向き矢印)

もし、聞かなくなったレコードをお持ちの方がいらっしゃいましたら、譲ってくださいハートたち(複数ハート)
よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)

こうして1日がすぎていきました。
posted by 井上 at 10:18| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

やったあ

たった今、学習協に手伝いにきていただいている、М尻さんからレコードを5枚頂きましたるんるん

P1020736.JPG

その中に、入っていましたぴかぴか(新しい)

レコードでは持っていなかったので、帰ってさっそく聞いてみますグッド(上向き矢印)
posted by 井上 at 13:20| Comment(2) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

本日午前中は、会議でした。

高知憲法会議の事務局会議に出席しました。

高知の総会以来、ずうっと気になっているのが「国会改革と衆議院の比例代表部分の議席削減」など、「強権的国家づくり」の動きですどんっ(衝撃)

やはり、憲法会議が中心となって運動を進めないといけないとあいなりましたダッシュ(走り出すさま)

「選挙制度をどう考えるのか」という角度からの、学習会をまずは企画することになりましたグッド(上向き矢印)

「やるぞ手(グー)

てなことで、楠瀬喜多さんがもし今生きていたなら、なんと言うだろうか?
などと考えています。
http://www.lalastyle.net/s-area/fsa/
posted by 井上 at 13:26| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

夏休みです

長女が小学校4年生になりました。どうやら、思春期らしいですあせあせ(飛び散る汗)
ホントの家族としての旅行は、そろそろ最後となりそうです。

暑い南の島に行ってきます。後日ブログでも紹介したいと思います。
タンジュンアンビーチがお目当ての一つです。
http://takoki.blog53.fc2.com/blog-entry-124.html

こんなローカルワルンにも挑戦してみようかなと思っています。
http://laviajera.exblog.jp/8220225/

体調を崩す可能性が否定できないので、先に出発したS岡さんからは、「大人だけ食べなさい。もしものことは、自己責任ですよ」と言われています。

私も1度アメーバー性腸炎になったことがありますが、わりと簡単になるみたいですね(汗

ブログの更新もしばらくお休みになります。
8月17日からは、平常勤務にもどりますので、よろしくお願いいたします。

それではグッド(上向き矢印)
posted by 井上 at 12:26| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

高知県学習協第38回総会を開催しました

平日夜の開催でしたが、22人の会員のみなさんの出席でした。
まず、90分をつかって、労働者教育協会常任理事の川村好伸さんに、「公務労働の役割と国民の暮らし」というタイトルにて、記念講演をして頂きました。
P1010511.JPG
内容の濃い話しですし、なによりも労働者の気持ちにぐっと迫る迫力あるものでした。
私の文章力ではブログでは紹介できないのであせあせ(飛び散る汗)、会員のみなさんには、その内容を別の形で伝えて行きたいと思います。
P1010517.JPG

総会の方は、議案が説明不足であったり、予決算の立て方の不十分さの指摘がありました。
新しい体制にて、求められる役割に応えるべく奮闘する決意です。
予算は、リニーューアルされる学習の友の代金が分かったのち、理事会にて補正したいと思います。
P1010518.JPG
これからの1年間、よろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)続きを読む
posted by 井上 at 09:28| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

学習会&若者歓迎会に参加してきました

若者‥

どうやら、私はまだまだ若者らしいひらめき

治安維持法国家賠償同盟高知県本部主催の学習会&若者歓迎会に、わざわざご案内をいただき、また電話までしてくださったので、「若者」に気がひけつつも、参加してきました。
P1010473.JPG
こういう交流企画は、なかなか貴重ですね。
感想交流でも、治安維持法をほとんど知らない人もかなりいらっしゃったので、当時の様子を詳しく学ぶコトの大切さがよく分かりました。
中には、いごっそうの中学の先生がいらして、教科書をまったく使わない社会科の先生です。いましたこういう先生がたくさん。
治安維持法のことも、くわしく授業で教わり、中学生という多感な頃に聞いた話しなので、よく覚えていますとのエピソードもあり、昔の先生達の頑張りが分かりました。

私も、小中高と1回も日の丸を上げたり、「国家斉唱」などしなかったですものね。

P1010474.JPG

ご存命の犠牲者は100人程度しかいなくなりました。
一刻も早く賠償をはたさせるとともに、語り継ぐことが大切ですね。
posted by 井上 at 14:04| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

勝手に梅雨あけ宣言!

P1010470.JPG
じりじりとした暑さ。湿度の少なさ。
大好きな夏がやってきたようですぴかぴか(新しい)

これから、昼休みのうちあわせ。
夏のカンパをいただきに、あちらこちらに。
資本論「不変資本 可変資本 剰余価値率」の講義準備。
会計ソフトの入力。
夜は、会議と超過密スケジュールとなっています。

早くこいこい、夏休みexclamation×2
posted by 井上 at 11:51| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

選挙について

さて皆様。11日は参議院選挙の投票日でしたが、いかがお過ごしでしょう。

今回、若い人を中心に様々宣伝対話をしてみて感じたことを少々。

最終日に北海道から仕事で来ていた方と1時間以上対話をしました。その方は何となく政党を選んで期日前で投票をしてしまって後悔しているといわれていました。社会のこと、政治のこと、まったく知らず、学ばずに大学を卒業し、仕事について初めて社会と自分とのつながりを感じ、知らないといけないなと思っていると話していました。ただ、どうやって選んだらいいかというのが分からない。
対話した多くの青年たちもどういう基準で政党を選ぶのか、分からないと話しており、本当に模索を極めた選挙だったと思います。
青年自身の声、「消費税上がってもしょうがない」などの「仕方がない」という声は「社会保障が充実するならば」という思いとセットになっています。
ただ、政党を選ぶ際に

・情報がない
・基準が分からない
・完全に一致できる政党でないと投票できない

という壁があるのかなと思いました。この壁によって、メディア露出が投票の基準になってしまう。よくもわるくもマスメディアの力は大きい。それを乗り越えていくのは長い長い時間をかけた対話と学習です。これは街頭で出会っただけではなかなかむずかしく、仲間に加わってもらうことが一番の方法です。

ただ、今回の選挙通じて、確実に、一歩一歩ではあっても、青年が政治について関心を持ち始めているというのは感じます。




最後に一言。今、政治の姿勢が問われている。
中国脅威論を話す青年を見る。今回の選挙でも何人かであった。
今の日本とアメリカとの関係をみて、彼らは日本を主権国家だと思うのだろうか。
自分たちの国のことは自分たちで決める。それはその通り。中国であろうと、アメリカであろうと日本のことは日本で決める。
今まさに沖縄をはじめ、日本全国に実際にあるアメリカの基地をどうするか、思いやり予算をどうするかを真剣に青年に考えてもらいたい。


それはまさに政治の姿勢の問題である。

松本顕治
posted by 井上 at 14:32| Comment(2) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

高知県学習協の底力?

午前中は3人で、総会議案の作製です。
(写真とるの忘れました)
いざとなれば「たすけてー」と私から電話がかかり、手伝ってくれる人が集まってくれるのですグッド(上向き矢印)

いいのか悪いのか、私の人生は「つねに誰かに助けられて、いや助けていただいて」ここまで生きてきましたふらふら
おそらく、このままのスタイルだと思うので、引き続いてよろしくお願いいたします。

ようやく完成した議案です。
P1010448.JPG

これからは、機械(文明の利器)にたよって、郵送作業となります。
P1010446.JPG

「あっという間に」順番どうりに並びます。
さあ、あとひと踏ん張りです。
posted by 井上 at 14:08| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

おそまきながら、学習に必死です(汗)

前にも書きましたが、会計計算ソフトを1から作らなければなりません。
ヘルプで手伝ってくれている、S岡さんが「まに合うんですか?」と。

それは、私のセリフですがなふらふら


はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!

はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!

  • 作者: 浜田 勝義
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本



いまさらながら、こんな本でも読んでみる。
ふむふむ。もっと早くよんでおくべきだったバッド(下向き矢印)

友の配達の時に、新しく導入するソフトと同じものを使っている労働組合が2つあることが分かりました。
「わからなかったら聞きに来たらいいきね」と。しかも簿記の資格も持っているらしい。(当たり前か)
おお、ありがたい。

とにかく、一刻もはやく前年度の決算を終わらせて、ノートパソコンに新しく勘定科目などを作らねばexclamation×2
P1010442.JPG

デスクトップのこのパソコンでは、聞きに行くこともできません。
(写真左)

あっ。話し変わって「いつでも音楽を聴いている私」の、職場でのシステムです。
(写真右)
続きを読む
posted by 井上 at 12:56| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

四国ブロック事務局長会議に参加しました

このところ、ブロック会議は香川県は高松市で開かれています。
高知市とは、同じ人口(合併前)なれど、昔から四国の玄関口と言われて、やっぱり高松の方が栄えて見えますね。
P1010421.JPG
この高松駅の横に、人気のうどん屋さんがあるのをご存じでしょうか?

そうです、「連絡船うどん」です。
P1010423.JPG

四国と本土は陸続きとなりましたが、やはり哀愁が美味さに加わるのでしょうかグッド(上向き矢印)

少し前までは、JRの改札をくぐってしか店には入れませでした。
現在は、改札をくぐらなくても直接お店に入れるようになっています。
お店のカウンターが、構内と外をわけている感じになっています。
P1010424.JPG

四国4県での会議は、なぜかすぐ意思統一がされます。
P1010427.JPG

今度で、事務局長をバトンタッチされる高松さんから、70年代の組織機構改革の詳しい話しを聞きました。
中堅の私たちが、次代の学習運動を担っていかなければならないからです。

2012年に向けて、組織のあり方そのものも見直す時期に差し掛かっていると思われます。

まずは、「学習の友」の価格改定と部数減のくいとめと、読者拡大でしょうか手(グー)
次回常任理事会でも、しっかりと議論したいと思います。

P1010429.JPG

やっぱり、高知とは違って、都会ですなぁ。
posted by 井上 at 11:54| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

消費税増税が争点に!

ブログをご覧のみなさんは、消費税増税分が法人税減税に消えていったことをよくご存じだと思います。

勉強不足の私は、さらなる一面があることを、知人から教えてもらいました。
全国商工新聞より
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/061106/061106.html

消費税が上がれば上がるだけ、減税の恩恵にこうむるという仕組みです。
「輸出戻し税」というみたいですねパンチ

しかし、マスコミはそろって増税の論調ですし、「国の財政が赤字なら仕方ない」という、風潮がありますね。
ここを打ち破る、道理にもとづく主張が大切ですね。

日曜日の高知での演説会の様子です。
P1010398.JPG

P1010388.JPG
フラッシュなしでも、この映像ですグッド(上向き矢印)

なお、リンク先の「土佐のまつりごと」で映像が見られます。

posted by 井上 at 13:26| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

こども手当のゆくえ

おちびちゃんが通う保育園のPTAでは、会計を担当しています。
いつも自宅近くの郵便局に、お金の出し入れに通っています。

「こども手当がでますけれど、使い道はお決まりですか」と。
子どもに使うに決まっているではないか。それが親というものですよ、と思って後にした。

昨日の南国高知は暑かった。これは、はらたいらさんのデザインした鏡川にかかる橋です。しばらく雨が降っていないので、水が少ないですね。
私も、子どもの頃にはよく泳ぎました。
P1010378.JPG

もう20年間の付き合いとなる、わがスクーターの調子が少しおかしい。いまいちパワーがでないのであります。

たまに、下り坂ではエンジンが切れることもあり。
ここは、テストをかねて自宅近くの下り坂でスピードを出してみることにする。70キロしかでない。普段なら80キロはでるのに。(90ccです)そのうちに、エンジンが切れる症状があらわれる。
「ういーん。ぷす。ういーん。ぷす。ういーん。ぷす」といったのが、最後の音だった。
近くのバイク屋に押していく。

うーん。「部品代だけで65000円やけど、肝心のピストンが品切れやね。いつ治るかわからんし、他の部品もそろそろなくなるでと」
ついに、お別れの時がきたようでありますな。トホホ。

友人のつてをたどって、2年落ちのワンオーナーのスクーターが定価の10万円引きであることを発見グッド(上向き矢印)
業者専用の中古市場を見まわすPCでさがしても、同じモデルは岡山に1台あるのみ。しかも高知に運ぶと20万円になるそうだ。
「問題は、値段ではなく、どんな使われ方をしてきたのかが大切。このスクターは89才の方が大切にのられてて、取り回しがしんどくなってきたので、最近50ccにこの店で乗り変えたばかり」とのこと。

おお、やはり知り合いの広さは、大切だなあと。
さっそく、昨日のうちに購入して「学習の友」の配達に備えなければと。

てな訳で、子ども手当は18万円のスクター購入資金の一部に消えてしまいました。
P1010384.JPG
「お父さん、このスクーターカッコイイ」と喜ぶ長女であった。いつもバイク2人乗りが大好きだからね。

はてさて。


posted by 井上 at 12:05| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

協会総会方針を具体化する上で少し考えました

どのカテゴリーに入れるのか分からないし、高知県学習協というより、私個人の思いつきなのですが、少し書いてみます。
総会では、発言してすぐ帰ってしまったため、いいたりない面など残っていましすしね。

なにより、前進を作り出すために、全国的に積極的な討論と英知の結集が、今求められていると思うからですexclamation

1.学習の友の紙面と活用の問題
2.基礎理論学習を広げる問題

この2点について、私見を述べてみたいと思います。
(分派活動ではありません(笑))

第1は、学習運動の原点に立ち返る必要があるのではないかということです。つまり、科学的社会主義の理論を広げていくことに特化することでのみ、私たちの運動の必要性が浮き彫りになるということです。

第2は、労働者の置かれた現状を考慮して、友の紙面づくりと運動に生かしていくということです。青年の半数は非正規であり、友の定期購読はほぼ不可能な現状におかれているということです。

で、友の別冊をもう一つ増やすことを提案したいと思います。
1冊は、春闘別冊です。あとの2冊を科学的社会主義の分かりやすい入門書の位置づけで発行していくということを、私は提案したいです。
「哲学」「経済学」「階級闘争論」などの最新の到達を踏まえた別冊です。

現状の友の紙面では、科学的社会主義をまとまった形で学んでいくには、無理があります。しかし、現状の紙面でも活用されているところでは、内容的に大きな問題があるとは思えません。よりブラッシュアップすることは、必要なことだと思いますが。

科学的社会主義の別冊にすれば、定期読者の中での学習会も組織しやすいですし、なにより時代を担う青年層にも500円なら購読してもらって、普及できます。

新基礎コースの内容については、あえて言及しませんが、初学者がいきなり学ぶには、やはり少しハードルが高いように思います。

かなり以前になりますが、民青同盟もこんなパンフレットがあって、重宝していました。
科学的社会主義の、別冊をいろんな切り口で、最新の到達で普及していく、そんな魅力あふれる友だったらいいなあと思ったしだいです。
P1010383.JPG
posted by 井上 at 16:14| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

BRICsの風

ブラジルから友人が休暇を使って帰ってきました。
ブラジルに行ってはや5年がたってしまったので、久しぶりの再会です。

なんといっても、びっくりしたのは、法律で30日間の休暇を取らなければならないことが義務ずけられていることでしたるんるん

日本てホントに変な国ですね。

私と違って、まだ30才の彼はすごい経済発展を遂げていること。
「景気がいいってのは、こういうことなのか」という実感を話してくれました。みるみる町の風景が変わっていっているそうです。

さらに、オリンピックとワールドカップの開催を機会に、リオの貧困層への対策を(日本みたいに追い出すのではなく)進めていくことなど、経済発展と国民生活の向上が結びついているし、国の政策の良い面を話してくれました。

ちなみに、全国一律最低賃金制度もあるらしく、この数年間で17000円程度から22000円程度に引き上げられたことを教えてくれました。

もう一人の中南米研究家のO田君と3人でのランチだったのですが、
O田君はさらに、中南米関係に詳しくて楽しい勉強のひと時でした。
P1010295.JPG
お土産の、ブラジルの国旗と今ブラジルで一番人気の歌手のCDです。

O田君のブログは充実しているので、是非覗いてみてください。
http://www.ven-bolivar.blogspot.com/ (そのうちに相互リンクをしたいと思っています)

昨日アップしたときは、リンクできなかったため修正しました。

まだまだ、ベネズエラとブラジルでは、新自由主義を抜け出した政策を取っているとはいえ、かなりの差があるようです。

高知県学習協もそろそろ、ベネズエラを中心とする中南米学習企画第3段を準備しないといけないこの頃かなあと思ったりしています。

posted by 井上 at 16:43| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする