2016年06月25日

沖縄三線愛好会の定期演奏会に出かけました

本題の前に、この間、私を襲っている激しい腰痛の正体がわかりました。
MRIで検査をすると、2ケ所に「ヘルニア」が発見されました。どうりで、痛いわけだ‥
手術はせずに、痛み止めを飲みながら、治療していく方針であります。
なので、ビラをまいたり、同じ姿勢のままいるなどは、無理なので、しばらく大人しくしているしかありません。

今日は、新入り事務局員のT村さん(バリバリの活動家なので、超強力な助っ人)に誘われ、三線の定演に出かけてきました。
つれあい→組合の定期大会。長女→補習、部活、塾の連チャン。
下の子どもは、必然的に私と行動をともにすることとなります。

会長のH原先生には、多方面でお世話になっています。よく見ると、愛好会のメンバーに下のこどもが
ちより保育園時代に担任だった、Y田先生もいるではないですか! (今は友の読者にもなってくれています)。
他にも、ちより時代の先生が2人もお客さんで、「あら〜 あゆみちゃん」と声をかけていただき、楽しいひと時を過ごしました。

愛好会も、大量加入で、大所帯になっています。
沖縄の曲調は、共感できるものが多く、私的にも心和む演奏会でした。

TS3W0254.jpg
ガラケーからなので、見えるかな?
posted by 井上 at 22:47| Comment(0) | ゆかいな仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

参加してきました。65000人の沖縄県民大会

やっぱり参加することで、感じるものがあると思い沖縄に来ています。(写真なくてすみません)

とても全体像をお伝えすることができないので、印象に残っている2人の発言を。
(集会スケジュールをもらい損ねたので、名前がわかりません)共同代表のお一人で、亡くなられた女性と同世代の方です。
発言の中で「第2の加害者は、本土の人です」と(趣旨)。

私の心に、グサッときました。
同じような、取り組みをしている仲間の中でも、「沖縄に連帯して」という方がいます。
連帯‥ 沖縄が日本に復帰したのは、私の生まれたころです。その前後の運動なら「連帯」という言葉を使っても不思議ではありません。

普通の感覚で「連帯」というと、他人事になってしまいます。
この言葉には、沖縄蔑視という受け取り方になっても不思議ではない、「もの」が潜んでいると思います。
誰にでもできることです。「自分の問題、日本国の問題として捉えなおす」必要性をひしひしと感じます。

もうお一人は、翁長知事の締めの発言です。自民・公明の不参加という裏切りのもとでも、「政治のしくみを変えていくため、不退転の決意で頑張る」と。
生で聞くと、本音で言っているのかどうかが、よくわかります。知事の発言には、最も多くの拍手が集まりました。今日、沖縄から、新しいたたかいが広がっていくことは間違いありません。
やっぱり、来てよかった。

私も、体調の許す範囲で、この集会参加の経験を生かしていきます!
posted by 井上 at 17:07| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

ぼちぼち 再開 しまーす

位置付けもあいまい。
一応、個人ブログのつもり。
体調はいまいち。

どーするか? ほおっておきました‥ 汗)
申し訳ありません。

「お金かからないなら、うちの組織にぴったり」。
とのご意見を、第44回総会で頂き、「やるべし」と決めました!!
後押ししたのは、自宅でのネット環境っ。
ついに、ホケットWi-Fiではありますが、長女との兼用とのことで購入いたしました。

ふふふ。体調良ければ投稿できます。

みなさんっ。温かい目で見守って頂ければ幸いです。
広島の○○さん。山梨の××さん。私と同じ病気でも今は寛解のようです。

会員ニュース「学習協こうち」とはダブらない用に書き進めていければと思っています。
現在事務局は、7人体制となりました。
このメンバーを中心にお送りしたいと思います。よろしくお願いいたします♪
posted by 井上 at 22:44| Comment(0) | 事務局長の駄話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

労働学校 第4コマ

第4回『色々な働き方と賃金について』筒井潤さんを講師に招いて非正規問題、ブラック企業問題、雇用改革の問題などについてのお話でした。

1448873194169.jpg

説明の中では労働人口が変化していくことや労働者の賃金は下がっていっているが、家計の消費支出は交通通信費や教育費は増えている。雇用形態は正規雇用が減り非正規雇用が増えている。非正規雇用が増えていることで貧困率も高くなってきている。また失業者がつねに存在することは資本家にとっては好都合になり、どんな悪条件でも仕事を失うと困るのでブラック企業でも働き続けてしまい、最後は身体を壊すことに繋がってしまう。身体を壊す働き方を続けると労働力の再生産が出来なくなるのです。

1448873207856.jpg

雇用改革問題も資本家にとっては都合がいいのです。賃金について考えることは社会の労働力の生産に繋がるのだと学ぶことができました。
西村隆昭
posted by 井上 at 14:07| Comment(0) | 労働学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

労働学校 第3講義

11月2日、第3回目の講義が開催されました。


労働学校20151102A.jpg

内容はワークショップ形式の『生活費シミュレーション』。参加者は17名。はじめに前回までの振り返りを簡単にした後、医労連の金子氏より賃金に関する情勢や人間らしい生活とはそもそもどういうことなのかなどの講義がありました。

その後、参加者全員を『食費・交際費』『住居・家具・家電』『被服』『教養・娯楽・理美容品』の4つのグループに分け、それぞれの分野で生活賃金試算を行ないました。私が担当した食費の部では毎日の献立を作って必要金額を計算したり、飲み会や組合費などの交際費を計算したりしました。その中で、毎日の食事を自炊すれば安く抑えられること、アルコールの摂取は高くつくこと、飲み会への参加には結構お金が必要なことがわかりました。

各グループより算出された金額を出してもらって生活費月額を計算しました。結果、月20万円強必要だとなりました。この金額は最低賃金を上回っています。どれだけ削っても最低賃金で生活を営むことは非常に困難なことだとこの金額を見ただけでよくわかりました。

このシミュレーションを通して、金子氏の言葉にあったように「慎ましくても、人前で恥をかかないような生活」が送られる世の中を作っていかなくてはいけないなと思いました。
足達麻衣

労働学校20151102@.jpg

posted by 井上 at 14:14| Comment(0) | 労働学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

好きなだけ聞いて、無料‥ この誘惑に負けてしまいそう

友人から教えてもらい知りました。

P1070204.JPG

アマゾンのプライム会員(送料などが無料になるサービス)の人は、ネット配信で100万曲が無料で聞けるサービスが始まったとのこと。

ただ、気に入らないのは、圧縮音源だということ。(非圧縮をそのまま流すと、CDと同じになるので、CDをばらまいているようなものか‥)
それでも、МP3でも上から2番目のクオリティとなる。

P1070203.JPG
下のスビーカーが、10センチ口径なので、大きさを想像してみてください。

沖縄の友人から、入手していた、「USB DAコンバーター」が役に立つ日がやってくるのか?
一応、現行モデルです。

最近この手の商品が、爆発的に増えています。本来は、もっと上位の情報量の音源(レコーディングにより近いもの)を買って、このコンバーターでアナログ信号に変換して、生に近い、良い音を聴くための機械なのです。

パソコンにそのまま、ヘッドホンをつないでも聞けますが、それはあくまで付属品(オマケ)のレベル。
単体の専用機とは比べるまでもありません。

結論からいえば、圧縮音源とはいえ、「これなら十分か?」と思わせる音が出てきます。
はてさて、数ケ月後に、私の音源はどうなっているのでしょうか?
*これは、職場にあるリラックス用の環境対応セットです。遊んでいる訳ではありません。
posted by 井上 at 12:46| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

やって来た。マイナンバーっ。

昨日の夕方だった。ピンポーンとなる音。
すぐに外に出てみると、束になった封筒を抱えた、郵便配達のおじさんだった。

さて、受け取り拒否するかどうするか。
しかし、ナンバーを見たい!  との要求がこみ上げてくる。
「ごくろうさま」と郵便物を受け取りました。

中を開けてみてビックリ!
ランダムな12桁の数字を想像していたが、規則正しい並び方。
最初のブロックは、明らかに「高知県」を意味する番号だ。

つれあいのを見てみる。なんと私のと1個番号が違うだけ‥
こんなんだと、キーワードさえ分かれば、すぐにナンバーを特定できるではないか。

お隣さんのは、何番だろう?
もし、見せてもらうことが出来れば、法則性も紐解けるかもしれない。
違う部分が、1個だけの番号違いだと想像するが、真実はいかに‥

PS 
私の早とちりで、誤解を与えてしまったかもしれません。
届いたのは、IDナンバーでした。トホホ
お詫びして訂正いたします。
あっ、マイナンバーに賛成ってことでは、ありませんからね(笑)
posted by 井上 at 15:20| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

労働学校 開校 !

順序が逆になってしまいましたが、労働学校の最初のコマのアップです。12人の参加でした。

「第20回労働学校、10月19日から始まり全5回の開催です。第1回目の講師は、高知県労働組合連合会委員長の 田口さんでした。『春闘・組合の役割、そして賃上げの展望』と題してのお話は、労働者として(疑問を持つこと)(こだわりを持つこと)の大切さや『人間とは諸関係の総体』からなるもので@個人的 A職場 B社会的 C精神生活(何を見て、聴き、読み、話し、考えたか)といろんな事柄から人は形成されていくのだなと改めて理解することが出来ました。
労働組合にはいっている労働者としては、あいたたぁーと頭が痛くなるようなお話しと労働運動は幸福追求の活動の一部であるとの考えにぐっときました。今季の秋闘から気合いを入れて頑張ってみようという気持にさせられました。
第1回目から深いい〜話しを聞くことができて次の講義が楽しみになりました。」

                                      杉内 法子

労働学校20151019@.jpg
posted by 井上 at 15:44| Comment(0) | 労働学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

第20期労働学校開校中

高知県学習協では、10月19日より毎週月曜日に労働学校を開校しています。
事前告知ができず、申し訳ありません。
今回より、それぞれの運営委員が、様子を紹介していくこととします。

都合により、第2回目の10月26日の「賃金そもそも論 基礎理論」の模様です。
この日は15人の参加でした。

労働学校20151026B.jpg



第20期労働学校 第2講

 10月19日に労働学校がスタートしましたが、26日は第2講でした。内容は「賃金のそもそも論」ということで、高知県学習協の副会長の霜田さんが講師です。1時間程度で話すには非常に難しく、初めてこういった理論に触れる人にはちょっと難しかったかもしれませんが、さすが大学教員といったところで、ブラック企業の定義、その問題点からスタートし、資本主義の定義、商品論、労働力商品、賃金についてとずっしりと中身のつまった講義となりました。特に商品のあたりは難しいところだったと思いますが、「賃金は働いた分をもらうのではなく、生活に必要な額をもらう」(生計費原則)については何となくわかってもらえたのではないかと思います。
 感想交流では「ブラック企業の定義というところで『人を育てるという観点がない』とう話しに自分の職場を重ねて納得した」「生活に必要な賃金をもらえているとは思わない」といった声が出され、非正規で働いている参加者からは「4時間しか働かせてもらえず、生活に必要な額とはとても言えない。正規職員と仕事の内容の差はあまりないのに賃金は大きく違う。」という話しもだされました。非正規で働く人への負荷が大きくなる中で、労働者同士の分断という問題がどの職場でも存在しているなと感じました。講義の中で、賃労働と資本との力関係で賃金の上昇下降が決まってくるという話しを聞いて、正規、非正規を超えて労働者全体がまとまっていく必要があるなと改めて感じます。

労働学校20151026@.jpg

 次回は11月2日。賃金のもととなっている生計費を自分の生活から探る「生計費調査」のワークショップです。ぜひご参加ください。会場は高知城ホール。18:30〜。単発参加は500円です。
 松本顕治
posted by 井上 at 15:11| Comment(0) | 労働学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ボチボチ更新していきます

こんにちは。

井上です。うーん。体調はボチボチです。
主治医とも相談して、来年いっぱいは、制限勤務のまま、活動していくことになっています。

まあ。人生2回目のうつは、落ち込みというより、「エネルギー切れ」「集中力が続かない」という具合になります。
まあ、これも私の人生なので、お付き合いしていくより仕方がありません。

高知県の方っ。少しおくれましたが、ビッグニュースです。。
高知県精神障害者家族会連合会(事務所のとなりのビルだった(笑))と、日本共産党の2回の県議会での追及が実り、この10月より、手帳を持っていると、とさでん交通のバスと電車が半額で乗れることになりました。スゴイ!!
一応は、民間会社で、県内ほぼすべてを網羅する公共交通機関としては、全国発なのではないかと思っています。みんなに知らせて行くことも大事ですね。メリットがほとんどないので、手帳申請してない人もいますからねえ。

次は、大物。JRや航空機の運賃の全国署名に取り組んでいこうと考えています。

PS‥次回の更新は、第20期労働学校の模様になると思います。ご期待ください。
posted by 井上 at 13:54| Comment(0) | 事務局長の駄話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする