2014年09月11日

かさねがさね申し訳ありません。

今日事務所に来てみると、机の上にこのコピーがありました。
IMG_0001.jpg

そう、以前わざわざ私をたずねて頂いたのは、いつのことやら。
1年前かな‥  もう少し前かな‥

高知大学の教授だった頃に、資本論研究一筋に歩まれた○川先生。
せっかく進めて頂いた著書、読むどころか、まだ手にいれておりませぬ。
「ふう。楽になった」
秘密は良くないですね。

早速、アマゾンにて注文いたします!
posted by 井上 at 15:37| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

広がる仲間の輪

昨日ですが、志葉玲さんをお招きする企画の成功のために、I上さんがブログを開設してくれました。
志葉さんのこと、プレ企画や写真展などなと゛、ドンドン情報を発信していきたいと思います。
ブログ更新は、O田君が行います。

いやいや、今から当日が楽しみです。日曜日の昼の開催ですので、四国中からのご参加を期待しています。

http://gazahokoku.exblog.jp/

posted by 井上 at 11:29| Comment(0) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

「ガザ報告会」開催いたします

IMG_0001.jpg

今回実行委員長をさせていただくことになりました 村越幸代です。

正直な所、パレスチナ・ガザ地区の問題は毎日流れる悲しいニュースのひとつとしてのとらえ方でした。

長い年月にわたる問題は簡単に解決にはつながらないと思います。
しかし、女性や子供たちを含む多くの民間人も殺害され、女性が奴隷にされたとの記事も読みました。

遠い国で苦しい思いをしている人々…
この日本で私達に何ができるのか?

暴力と報復の連鎖が繰り返される中、非暴力の運動を訴える活動家の方の声。
「少なくとも女性と子供を殺してはいけない、人権を大切にしろということだ」
と。

きっと遠い国の母親たちは自分の身が危険でも子供たちを守るために必死だと思います。

戦争は悲しみの連鎖を繰り返すものだと思います。
絶対に止めるべきものだと思います。

日本は戦争をしない国から戦争をする国に変えられようとしています。

戦争が、遠い国での話ではなくなるかもしれない。
自分の子供たちが戦争で悲しい思いをすることになるかもしれない。

戦争の起こす現実を実際に体験した、志葉玲さんの報告をきっかけに事実を知り、自分たちにできることを考えていけたらと思います。

少しでも多くの方にこの機会を知らせてきっかけにしてもらえるようにできればと思います。

よろしくお願いします。



☆微力ながら、井上も企画成功に向けてお手伝いをしたいと思っています。



posted by 井上 at 17:01| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

算数教室 開催します

小学生低学年のみなさん。
または、低学年のお子さんがいらっしゃるみなさん。
算数教室を行います。
どなたでも参加できますので、ぜひおこしください。

IMG (2).jpg

21日木曜日。午後1:30〜
高知県立武道館 研修室です。
お問い合わせは、井上まで。
090-8285-9934
posted by 井上 at 14:45| Comment(0) | 保育・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

どっちが正しい?

少しづづでも、ブログを更新していかないと、忘れられてしまうので、書いていきたいと思います。

昨日帰宅してみると、長女の通信簿が郵送で届いていました。
宛名は、父親である私になっています。

「ほい。通信簿届いてたよ」私
「え゛ーっ。お父さん見たが?」娘
「俺宛の郵便物やき当然やん」私
「‥」娘

しかし、体重まで載っているので、俺宛に送るのはどうかなと思った次第。
posted by 井上 at 10:48| Comment(0) | 保育・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

学習協の総会。32人の参加で成功しました

新しく、労働者教育協会の理事になられた、愛媛大学の丹下先生をお招きして、学習協42回総会を開催しました。

P1060756.JPG
この日のために、たくさんの資料を印刷して持ってきてくださいました。

労働法制の改悪だけでなく、背景になっている、安倍政権の経済政策そのものを一定総括する形で、お話しをまとめてくださいました。(聞きに来られていた会員さんで、某団体の責任者の方から、また高知にお招きしたいとの声がすでに上がっています)内容は某大ですので、別の形でお伝えできればと思っています。

そして、体制も変わりました。私、井上は事務局長をおりて、事務局員ということで、療養を軸にしながら活動をしていくこととなりました。しばらく、さらにゆっくりとした活動になると思いますが、主治医・セカンドオピニオンのH先生・事務局などでよく話し合った結果です。
実務は、以前とかわりなく井上の担当ですので、ご連絡頂ければ幸いです。

新3役のみ紹介させていただきます。
             専門      所属
会長   筒井 潤   労働運動   郵政産業ユニオン
副会長  田口 朝光  労働運動   高知県労連執行委員長(新)
      筒井 敬二  労働運動   高知自治労連執行委員長
      霜田 博史  理論     高知大学准教授
事務局長 島崎 保臣  教育     (新)

1年間、よろしくお願いいたします。
posted by 井上 at 10:35| Comment(2) | 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

高知県学習協第42回総会開きます。記念講演もあります!

IMG_0002.jpg

「労働法制改悪学習会」やります。
労働問題の第1人者、愛媛大学の丹下先生をお招きし、今狙われている「派遣法改悪」をはじめ、ホワイトカラーエグゼンプションなどなど、私たちの働く環境を大きく変えてしまう問題について分かりやすく学びます。
6月15日(日)午後2:00〜 高知県立大学永国寺キャンパス202号教室にて開催します。
どなたでも参加OKですので、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

学習会終了後、学習協第42回総会を同じ場所で行います。
posted by 井上 at 16:03| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

松岡直也氏の悲報に接して

私たちの世代にとって、松岡直也は憧れの存在であるとともに、ジャズへの橋渡しの役割をしてくれたかけがえのない人物であります。

アルバム「9月の風」のヒットにより、後期?(全盛期?)の松岡サウンドに魅せられた私は、当時高校生でした。わたせせいぞうのイラストとともに、アメリカ西海岸をイメージさせ、おりしもバブル景気に向かう日本にあって、明るい未来という一種の幻想をもたらせてくれました。
この路線の松岡サウンドは、現在はあまり聞くことがないけれど、青春の思い出と共に、私の中に生きています。

1980年代のジャズシーンを語るべき知識はないものの、70年代後半からの帝王マイルスのサウンドは、従来のジャズを発展させるというか、新しいチャレンジの連続で、「ここからジャズに入るのか!」という敷居の高さを持っていました。一方でウイントンマルサリスが、メインストリームジャズの救世主のように持ち上げられてもいましたが、なんとも薄っぺらさが気になるところでした。

1960年代頃の黄金期ジャズへのさかのぼりのきっかけとなったのが、松岡直也の最初に結成したバンド松岡直也 & Wesingでした。聞きやすいサウンドはラテンの音楽がベースになっており、明らかにジャズの発展形ともいえるべきものでした。ここから、フリーを飛ばして黄金期のジャズに入門し現在に至る訳です。現在も聞いている音楽の98%はジャズですね。

偉大なるアーティスト。松岡直也の影響は、今後も続いていくと確信しています。
http://www.ant-inc.com/
posted by 井上 at 15:55| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

今年の働くものの学習交流集会は、恋愛・結婚がテーマです

IMG.jpg

全労連四国地区協議会と4県学習協の共催です。

講師には、売れっ子の長久啓太 岡山県学習協事務局長をお迎えいたします。
さあ。今年も楽しい企画がやってきました。お楽しみに。
(申し込み、問い合わせは、井上までお願いいたします。09082859934)
posted by 井上 at 12:46| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

「アメリカの対日戦略の深層」学習会を開催します

私より1年先輩にあたりますが、長年運動を一緒にしてきた、吉岡先生が高等学校を退職されました。
今後は、新しい道を歩んでいくこととなります。

そこで、私が呼びかけ人となって、学習会と送別会を段取りました。学習会の部分はどなたでも参加できます。
とくにチラシなどは作っていませんし、宣伝もしていませんが、ご都合がよろしい方はご参加ください。

4月13日日曜日15時〜17時 
一般参加の方は、参加費500円。大学生以下無料。

講師 愛媛大学法文学部准教授 中西泰造

中西先生は、アメリカ留学の経験もあり、このテーマにぴったりの方です。
お気軽に参加ください。

PS
録音(CDR)とレジュメがあります。
興味ある方はご連絡ください。4/17
posted by 井上 at 11:01| Comment(0) | 企画案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする